【初公開映像あり】クリス・サンダース監督が語る、名犬バックのモデルとの出会いの画像3

© 2020 20th Century Studios

◆世界的冒険小説の完全“実写”映画化!人類未踏の地を目指す男と名犬による、熱い友情と壮大な冒険
『野性の呼び声』は、アメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンが1903年に発表した冒険小説が原作。これまで数え切れないほど映像化されてきましたが、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当したクリス・サンダースが、映画史上初めて全編を通して実写映像化したスペクタクル・アドベンチャーです。

 原作の「野性の呼び声」は、世界47ヶ国語で翻訳され、今でもアメリカの小・中学校の教科書に掲載されるなど、100年以上にわたって愛され続けている名作小説です。

◆ディズニー・アニメーションのヒットメーカー、クリス・サンダースが実写映画初監督、アカデミー賞®クリエイターなど、一流スタッフが集結!
伝説の冒険小説の完全実写映画化に挑んだのは、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などで原案を、『リロ&スティッチ』や「ヒックとドラゴン」で監督・脚本を担当し、大ヒットに導いたヒットメーカー、クリス・サンダース。過酷な運命を背負い続けて来た名犬バックと、未踏の地を目指すソーントンの言葉の壁を越えた“友情の物語”をドラマチックに描いています。

 また、本年度のアカデミー賞®を賑わせた『フォードvsフェラーリ』の監督、ジェームズ・マンゴールドが製作を担当し、さらに視覚効果プロデューサーには、アカデミー賞®に3度のノミネートを誇るエリック・ナッシュが名を連ねるなど、一流クリエイター達が集結。大自然に生きる動物たちの生き生きとした姿を、大迫力の映像で見事に表現いたしました。

【初公開映像あり】クリス・サンダース監督が語る、名犬バックのモデルとの出会いの画像4

© 2020 20th Century Studios

◆ハリウッドの名俳優ハリソン・フォードが、“孤高の男”を熱演!モーションキャプチャを駆使した、あまりにもリアルすぎる名犬バックの動きや仕草にも注目!
主人公ソーントンを演じたのは、『スター・ウォーズ』シリーズのハン・ソロをはじめ、『インディ・ジョーンズ』シリーズの主役の考古学者など、これまでも数々のカリスマ的ヒーローを演じてきた、ハリソン・フォード。人生の年輪を感じさせる芳醇な人間味が、“孤高の男”ソーントンを味わい深く表現しています。

 また、ソーントン“最強の相棒”である名犬バックの、モーションキャプチャ技術を駆使して生命が吹き込まれたリアルな動きと人間らしい表情も大きな見どころです。本能のまま雪山を駆け抜ける姿はもちろん、思わずクスッとしてしまう、バックの愛らしい仕草もお楽しみいただけます。

◆名犬バックを生んだ撮影風景やインタビュー映像など、必見のボーナス・コンテンツを収録!
ブルーレイやデジタル配信には、モーションキャプチャによる撮影の裏側をはじめ、キャストやスタッフによるインタビュー映像など、製作の舞台裏に迫ったボーナス・コンテンツを収録。

 大迫力の大自然の中で繰り広げられる、壮大なスペクタブル・アドベンチャー『野性の呼び声』を、是非ブルーレイ+DVDセットやデジタル配信でお楽しみください!

<公式サイト>
 disney-studios.jp/yasei

【初公開映像あり】クリス・サンダース監督が語る、名犬バックのモデルとの出会いのページです。エンタMEGAは、エンタメ映画カルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!