5月2日に放送されたバラエティ番組『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)。そのコーナーの一つである「顔だけそっくりさんNo.1決定戦」に、人気女優・吉岡里帆と“激似”のタレントが登場したとして、大きな話題となっている。

 そのタレントとは、女優やモデルで活動中の橘ひと美。番組で橘は、吉岡がテレビCM「日清のどん兵衛」 で扮する“どんぎつね”を想起させるような「キツネのつけ耳姿」で登場し、スタジオからは「可愛すぎる!」「すごく似ている!」と驚嘆の声が上がった。

 また、ネットの口コミサイトや掲示板にもスタジオ同様に「ソックリすぎる!」との多数コメントが寄せられ、中には「本家を超えた」「この子の方が好み」と“吉岡超え”を宣言するファンも。さらに、女優で人気YouTuberでもある“本田翼にもソックリ”と、新たな要素を発見する人間も見られた。

「番組では、一時暫定王座になったものの、最終的にはチャンピオンになれず……。とはいえ、この番組がキッカケで、橘さんの存在を知った方は多いでしょうし、ネット上の反響がとにかく凄まじい。橘さんが今後タレント活動していく上で、この番組への出演は“王座獲得以上”の価値があったのでは?」(芸能ライター)

 モノマネ番組で一躍注目を集めた橘だが、実は元アイドルで、昨年末、日清が期間限定でOPENした「どん兵衛」の期間限定ストアのスペシャル店員として登場したこともあったそう。

 また、4月27日発売の「ヤングマガジン」(講談社)では初めてのグラビアを披露しており、今回の番組出演以前から密かに話題になっていたことは確かのようだ。

吉岡里帆本人を超えるかわいさ!? “超激似”タレント登場にネット騒然のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!