テレビCMの買い叩きが激化! 「再放送なんだから」「ACジャパンで埋めるくらいなら安くして」

編集部

テレビCMの買い叩きが激化! 「再放送なんだから」「ACジャパンで埋めるくらいなら安くして」の画像1

 ドラマやCM、バラエティー番組の収録、放送。さらにCM出稿の中止が相次ぎ、テレビ局の編成・制作スタッフ、広告代理店の営業マンが頭を抱えている。また、長引く外出自粛を強いられストレスがたまっているせいか、神経質になっている視聴者も増えているようだ、テレビ局には、いつも以上に抗議や問い合わせが届いているそうだ。

「たとえば、再放送の旅行番組や、海外ロケ番組の総集編を放送すると、局には『自粛している視聴者が行けないところを紹介するな』『オンエアを見て、もしロケ地に人が集まったらどうするんだ』といった類いの苦情が必ず入りますね。

編成スタッフは、視聴者の心情に目を向け、放送内容に気を使い、苦心しながらタイムスケジュールを組んでいますよ。各局、再編集番組が多くなっていますが、それらに大きなコストはかけられませんので、少人数のスタッフが編集作業を行い、過去の出演者らに再放送の許諾を取り付ける業務に忙殺されていて崩壊寸前です」(テレビ局関係者)

 広告業界でも、深刻な事態が巻き起こっている。外出自粛令となったことで不況の波が押し寄せ、鉄道や旅行、テーマパーク、映画、自動車、人材派遣、求人などの関連企業がCM出稿量を大幅に減らしている。その一方で、知名度向上を狙う新興企業は、これを幸いとばかりにスポットCM枠の買い叩きをはじめているという。

「空いたCM枠をめぐって『再放送なんだから、もう少し単価を安くしてくれ』『過去の映像を使った総集編なんだから制作費は安いでしょ』『ACジャパンのCMで埋めるくらいなら、ウチのCMを安く入れてくれ』などといった申し入れが殺到し、値切り交渉が頻繁に行われています。そのおかげで4月からCM枠の値が大崩れしていますよ」(大手広告代理店関係者)

 世界恐慌以上の経済危機だと叫ばれる未曽有の事態。果たしてテレビ業界が正常を取り戻すのはいつになるのだろうか。

テレビCMの買い叩きが激化! 「再放送なんだから」「ACジャパンで埋めるくらいなら安くして」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!