『恋つづ』ファン必見! キュンキュンできる「ドS王子ドラマ」3選の画像1

 例年なら長期旅行に出たり、気の合う仲間たちと遊んだりしていたゴールデンウイーク。だが今年は新型コロナウイルスの影響もあり、外出を控えてほとんどを自宅で過ごす人も多いのではないだろうか。そんなときだからこそ、過去の人気ドラマを見返してみるのも有意義な時間の使い方と言えるだろう。

 今回紹介するのは、ヒロインの相手役にドSな王子様が登場する作品。1月に放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)でも、佐藤健が演じた天堂浬のドSぶりがネットで大きな話題となった。さらにドSな姿と裏腹に時折見せるヒロインを想う優しい一面も相まって、ツンデレな天堂に振り回されて“キュン死”する「天堂担」(天堂ファンのこと)が続出。回を追うごとに注目度は増していき、最終回の視聴率は番組最高の15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 今回は、そんな“キュン死”間違いなしのドラマ3本をピックアップ。連休中に思う存分キュンキュンして、心をしっかりとリフレッシュさせよう。

(1)『花より男子』TBS系/2005年
【作品情報】
「マーガレット」(集英社)の同名漫画が原作のドラマ。のちにドラマ2シリーズの続編として映画化も果たした。作品の人気は日本に留まらず海外でもドラマ化され、アニメや舞台としても展開されている。
一般庶民であるヒロイン・牧野つくしが、富裕層が多く通う学園に入学するところから物語はスタートする。入学して間もなく、つくしは学園を牛耳る4人組・F4に目をつけられ、全校生徒からいじめを受けるように。だが持ち前の負けん気でいじめに屈さないつくしの姿に、F4のリーダー・道明寺司は次第に心惹かれていく。
【出演】井上真央、松本潤、小栗旬他
【みどころ】
“ドS王子”というカテゴリで、真っ先に思い浮かべる人も少なくないであろう作品。嵐の松本潤が演じる道明寺は、ヒロインを振り回し続ける典型的な“俺様キャラ”。だが、仲良くなっていくうちに見せるようになる、天然ボケな性格とのギャップも魅力のひとつ。また、松本とヒロインの井上真央をはじめ、小栗旬や松田翔太など豪華な出演陣も見どころ。2018年には続編である『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)もドラマ化され、そのときにも再び話題となった。

(2)『のだめカンタービレ』フジテレビ系/2006年
【作品情報】
原作は漫画家・二ノ宮知子の同名漫画。クラシック音楽をテーマに、音楽大学に通う“のだめ”ことヒロイン・野田恵の成長を描いていく。
音楽センスは抜群ながら、極端にマイペースな性格で周囲から「変態」とも呼ばれるのだめ。そんなのだめが、大学で世界的な指揮者を目指す1学年上の千秋真一と出会い恋に落ちる。千秋ものだめ本人すら気づいていない天才的なピアノの才能を見抜き、その才能を伸ばすためあの手この手でのだめに音楽へのやる気を出させようとする。
【出演】上野樹里、玉木宏、瑛太他
【みどころ】
幼少期からクラシック音楽の英才教育を受けてきた、自分にも他人にも厳しい完璧主義のドSエリート・千秋を玉木宏が熱演。上野樹里演じるヒロイン・のだめの才能に惚れ込みクラシックの道へと導くため、時に厳しく時に優しくのだめを矯正していく。「ぎゃぼー」など謎の奇声を発したり、様々な奇行を見せたりする「変態」のだめを、原作に忠実に再現する上野の怪演にも要注目だ。

(3)『ダメな私に恋してください』TBS系/2016年
【作品情報】
同名のラブコメ漫画が原作のドラマ。原作者・中原アヤは、ヒロインを藤澤恵麻が、相手役を小池徹平が演じた2006年公開の映画『ラブ★コン』の原作者としても知られている。
主人公・柴田ミチコは資格なし、特技なし、貯金なしの30代非モテ女子。求職中に前職の上司・黒沢歩と偶然再会したことをきっかけに、前職を退職し喫茶店・ひまわりを開いた黒沢のもとで働きはじめるようになる。元ヤンで厳しいながら面倒見の良い黒沢と交流を深めていく中で、ミチコが恋に落ちていくストーリー。
【出演】深田恭子、DEAN FUJIOKA、三浦翔平他
【みどころ】
嘘だとわかっていても頼まれたら断れない貢ぎ体質で、仕事でも大きなミスをしてしまうダメ女子・ミチコ役を深田恭子。そんなミチコのダメな部分を痛烈に罵倒してきた前職のドS上司・黒沢役をDEAN FUJIOKAが務める。ミチコがひまわりで働くようになってからも遠慮なく冷たい言葉をかける黒沢だが、その裏にあるミチコを見守る優しさがキュンキュンポイント。最終回放送後には、ネット上で「ダメ恋ロス」「主任(黒沢)ロス」という言葉も流行した。また、普段は見られないDEAN FUJIOKAのメガネ姿も必見だ。

「普段はヒロインに冷たいドSだが、大事なところでは優しい」というツンデレキャラは、いつの時代も恋愛作品の王道パターンとして高い人気を誇る。今なお色あせない名作ドラマで、この連休は“キュン死”しまくってみるのはいかがだろうか。

『恋つづ』ファン必見! キュンキュンできる「ドS王子ドラマ」3選のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!