嵐・櫻井翔が“覗き行為”を『VS嵐』でしれっと暴露!? 幼少期のトンデモエピソードとは?

編集部

嵐・櫻井翔が覗き行為を『VS嵐』でしれっと暴露!? 幼少期のトンデモエピソードとは?の画像1

 4月23日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)では、嵐のメンバーが“子どもの頃にハマッていた本”を告白。視聴者からは「私もそれめっちゃ読んだ」「ニノは昔っからニノっぽいな」といった反響が上がっている。

 放送日の4月23日は「子ども読書の日」ということにちなみ、番組冒頭では嵐の5人が幼少期の愛読書を語っていく。まず、二宮和也は“江戸川乱歩”と告白。子どもが読むにしては渋い気もするが、二宮は「(江戸川乱歩読んでた時が)人生の読書のピーク」「結構読んでた。なんかしんないけど」と当時を振り返る。

 続いてリーダーの大野智が読んでいたのは『ズッコケ三人組』(ポプラ社)。これには嵐のメンバーも一斉に「あ~!」「読んだ!」と懐かしむようすを見せ、大野も遠い目で「あれ図書室にあってね」と幼少期を振り返る。相葉雅紀はタレント・内田有紀の写真集を1番読んだと発言し、二宮から即座に「それ見るやつ」とツッコまれていた。

「思い思いに愛読書を語り合うメンバーの中で、特に印象深かったのは松本潤。友人の子どもに『ぼくを探しに』(講談社)という絵本をあげていたと明かす松本は、よほど大好きな絵本なのか熱心に内容を説明していきます。彼がカメラ目線で『小ちゃい子、読んでみたら、いいんじゃないか』とこれ見よがしに宣伝すると、二宮は茶化すように『売れるぞ~! 売れるぞ!』と大声でコメント。

ネット上には『二宮くんはマジで江戸川乱歩って感じがして好き』『「ズッコケ三人組」超読んだわ! 大野くんも読んでたと思うと嬉しいね』『写真集紹介する相葉くんにワロタ』『松潤普通に宣伝しててホント面白い』などの声が相次いでいました」(芸能ライター)

 メンバーの中で最後に愛読書を明かしたのは櫻井翔。『エルマーのぼうけん』(福音館書店)が好きだった櫻井は、保育園時代の“あるエピソード”を語って視聴者の笑いを誘っている。

「櫻井が保育園にいた頃、高い場所に置いてあったという『エルマーのぼうけん』。当時好きだった保育園の先生に本をとってもらう際、櫻井はその先生の“パンツを見た”と暴露しています。その後、さわやかな笑顔で『保育園の話ですから許してください』とコメントを残しました。

 彼のとった行動に、ファンからは『櫻井さん当時からお茶目なんですね』『櫻井くんなら許すしかない』『シレッと暴露しちゃうの本当に面白いわ』といった声が続出。男子らしいエピソードに、ほっこりしたファンも少なくないようです」(同)

 幼少期に読んでいた本が、今の嵐に影響を与えているのかもしれない。

嵐・櫻井翔が“覗き行為”を『VS嵐』でしれっと暴露!? 幼少期のトンデモエピソードとは?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!