福田明日香の過激写真集、なぜ今? 「いくらで、どうやって交渉した?」仕掛け人に聞いた

編集部
福田明日香の過激写真集、なぜ今? 「いくらで、どうやって交渉した?」仕掛け人に聞いたの画像1

福田明日香『PASSIONABLE』より

 元モーニング娘。の福田明日香が過激写真集『PASSIONABLE』(講談社)を発売することを発表。モー娘。の卒業生がその手の写真集を出すのは初めてということだけあって、早くも話題を呼んでいる。

 この写真集を仕掛けたのは、高須基一朗氏。かつて、天地真理や藤田朋子、島田陽子など、そうそうたる女優の過激写真集を手掛けた、名物出版プロデューサーで、昨年9月に亡くなった高須基仁氏の長男である。

 親子二代で過激写真集を手掛けることになった高須氏に、気になる出版の舞台裏を聞いてみると……。

――どのような経緯で今回の出版を手掛けることに?

「昨年秋頃から、私自身に福田さんのマネージメントを手伝うという話があり、彼女の今後の展開を考えていました。小説家転身とか、いろいろな話があったのですが、ちょうど同じ時期に父(基仁氏)が亡くなり、きっと父なら『写真集で新たな姿を見せるべきだ!』と福田さんを説得しただろうと思うようになりました」

――説得は簡単にできましたか?

「もちろん簡単ではないので、まずは福田さんも信頼しているカメラマンの和多田アヤ氏を説得し、その後、2人でこの作品をつくる意味を福田さんに説明して納得してもらいました。『新たな展開をする上でも必ずプラスになる』と。また、出版社も決まっていないその時点で、それなりの金額を前払いしています。そして、『まずは2人きりで、一糸まとわぬ姿の写真を撮ってみてほしい』『その写真をサンプルとして、自分が出版社と交渉します』と話しました」

福田明日香の過激写真集、なぜ今? 「いくらで、どうやって交渉した?」仕掛け人に聞いたのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!