コロナ禍で悲惨極まる若手芸人&俳優… バイトもできず、田舎に帰れず、YouTubeもあてにならず

編集部

コロナ禍で悲惨極まる若手芸人&俳優… バイトもできず、田舎に帰れず、YouTubeもあてにならずの画像1

 テレビ番組の制作が変容しつつある。新型コロナウイルス感染を受けて、業界では大御所の志村けんさんが亡くなり、俳優の石田純一、脚本家の宮藤官九郎、アーティストのケツメイシ・RYOJI、SUPERNOVA・ユナク、お笑いトリオの森三中・黒沢かずこ、テレビ朝日の富川悠太アナウンサーらが罹患し、さらなる危機が広がっている。

 そんな中、テレビ局はドラマやバラエティ、トーク番組のロケや収録見合わせを発表。視聴者からは『SMAP×SMAP』など、過去の人気番組の放送を求める声が上がるなど、ニュース番組以外は軒並み再放送や過去の映像を再構成した番組に差し替わった。そのため、仕事にあぶれた演者たちが悲鳴を上げている。

「特に、若手芸人や若手俳優は生活できないほど困窮していますよ。テレビ番組だけでなく、イベントや営業がなくなり、舞台、劇場も閉まって、表現の場に立てなくなってしまいました。彼らにとって頼みの綱のバイトも、飲食店が営業自粛している影響で働けない。また、なにもできないならと、東京から田舎の実家に帰ろうにも、全国に緊急事態宣言が出され、身動きが取れない。実家に帰り、高齢な両親と接触することも、はばかられる状況ですからね」(芸能関係者)

 そこで多くの芸能人がこぞって始めているのが、YouTubeやインスタグラムでの配信だが、言うまでもなく、そこにも芸能界以上に激烈な競争が存在している。

「さまざまな分野、業界の素人からセミプロ、正真正銘のプロまでが混在していて、飽和状態となっていますが、カネになるのはごく一部の人間だけ。テレビとは異なる新たな表現手法を考えても、大きな収入を得られるような仕事ではなく、名のある芸能人が参戦していますが、すでに脱落者もたくさん出ています。復活を目指す雨上がり決死隊の宮迫博之も手を出しましたが、テレビで活躍していた頃の収入に比べると雲泥の差。手っ取り早く儲けたいと、プライベートを切り売りするなど、若手芸人や若手俳優が手を出して必死に動画アップしていますが、無数にある動画の中に埋もれてしまっているのが現状です」(前出の関係者)

 エンタメ業界に、途方もない閉塞感とダメージがじわじわと広がっている。

コロナ禍で悲惨極まる若手芸人&俳優… バイトもできず、田舎に帰れず、YouTubeもあてにならずのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!