AKB48の横山由依が4月19日、自身のInstagramを更新。オルチャンメイクとも呼ばれる韓国メイクにチャレンジし、大家志津香や下尾みうなどメンバーからも絶賛されるほどの出来栄えを披露した。

 立て続けに3つの写真を投稿した横山は、着用するワンピースがお気に入りであることや、今回の写真はiPhoneを三脚で立てて撮影していることを明かした。さらに3枚目で「韓国メイクしてみました」と語り、メイクの雰囲気がよくわかるアップの写真を披露した横山。この一枚はファンだけでなく同じAKBのメンバーまでも魅了し、大家や下尾から「愛しい!!!」「ゆいはんさん可愛いです」といったコメントが送られていた。

 だが、アップされた3枚の写真では真顔で落ち着いた空気を出していることもあってか、横山が実年齢より上に見える弊害も。白い肌がポイントのひとつでもある韓国メイクの横山は、普段よりも、よく言えば“大人びた”、悪く言えば“おばさんっぽい”印象にもなっていた。現在もトップアイドルとして輝き続けている横山には、もっと似合うメイクがあるのではないだろうか。

 この横山の韓国メイクはネット上でも賛否両論。「ちょっとイメージ変わって良いかも〜」といったレアな一面を称賛するファンがいる一方で、「こんなおばさん顔だったっけ?」など、違和感を覚えたユーザーも少なくなかった。中には、「幸薄い感じになるね」「幽霊メイクか……」と、白い肌で血色が悪く見えてしまうという声も聞こえてきた。

 印象は見る人それぞれなのは間違いないが、あまり極端なメイクだと抵抗感のある人が増えてしまうのも当然かもしれない。

 大人びたメイクは大人の色気が出せる年齢までしばらく取っておき、いまは横山の持つ卓越した可愛らしさを最大限に活かしたメイクでファンを魅了してもらいたい。

AKB48・横山由依「おばさんメイク」? インスタで見せた自撮り姿に衝撃を受けるファン続出のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!