夫で俳優の東出昌大が起こした不倫騒動により、妻であるの動向にも注目が集まっているが、そんななか、ニュースサイト「日刊ゲンダイ」が19日に、二人の“離婚予定日”について報じ、ネット上で話題になっている。

 記事によれば、現在“離婚調停中”だと言われる二人だが、その決着は5月の大型連休“GW”前後で付くといい、すでに自宅にある東出の私物はほとんど片づけられているという。

 それが事実だとすると、もう杏の頭の中には、東出と一緒に住むイメージは一切残っていない様子。可能性としては、一旦家族との距離を置いて、東出だけが引っ越すという“別居説”も考えられるが、4月14日発売の「女性自身」(光文社)では、杏の再出発について報じており、離婚への固い決意が窺える内容となっている。

 「杏さんには離婚後の先を見据えたあるプランがあるようで、来年頃、杏さんのヒット作『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)の新シリーズでの出演計画が検討されているといいます。

杏さんが演じる花咲舞といえば、正義感のある“強き女性”というイメージですが、杏さん自身もそういう女性像を目指しているようで、その理想を叶えるためにも、復帰前に東出さんとの関係を一度リセットしておきたいと考えているそうです」(芸能ライター)

 確かに、今の杏は夫に不倫された“被害者”という印象が強い。その印象のまま、女優としてドラマや映画などで名演技を披露したしても、「可愛そうな女性」「辛いだろうに頑張っている」などというイメージがつきまとってしまうだろう。やはり、その前に東出との関係を精算するべき必要がありそうだが……。

「不倫騒動の当事者である東出さんは、出演する映画『コンフィデンスマンJP』のシリーズ最新作が公開予定。先日お披露目された新場面写真では、しっかりと東出さんが写し出されており、本作でも主人公として活躍する姿が見られそうです。

ただ、世間では未だに『妻を裏切った“ろくでなし”』というイメージが持たれていますからね。それに杏さんとの離婚問題に決着はついていません。本作は人気シリーズで動員数、興業収入も見込めます。映画製作側のみ共演者からしても、東出さんの私生活が中途半端な状況で公開はしてほしくないでしょう。ですから、夫婦関係を早く解決したい気持ちは東出さんも一緒なのでは」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに、現在新型コロナウィルスの影響により、5月1日に予定していた映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開は延期となり、具体的な公開日はまだ発表されてない。映画公開日までには、離婚問題が解決ついていればよいが……。

杏と東出昌大、離婚”早期決着”待ったなしか… 夫婦関係をリセットしたい思いが両者一致?のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!