嵐「活動延期やっぱりある?」… 大手広告代理店内にプロジェクトチーム発足

編集部

 2020年いっぱいでの活動休止を発表している国民的アイドルグループ・嵐の周辺が、にわかに慌ただしくなってきた。5月15、16日に新国立競技場で行われるコンサート「アラフェス 2020」は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、予定通りの実施が難しいとみられている。さらに「NHKスペシャルナビゲーター」を務める東京オリンピックパラリンピックは1年延期となってしまった。嵐にとっては、ラストイヤーを飾る大仕事が不透明となり、スッキリしない状況に陥っている。

 そこで広がっているのが活動続行、休止延期説だが……実現度はあるのだろうか。長年ジャニーズタレントに携わり、事情に詳しいライターがある情報をキャッチしたといい、こう解説する。

「ファンを含め、関係者も休止延期をみんなが願っています。これまでも、応援してくれる人たちの思いを受け止めて走り続けたのが嵐なので、期待してもいいのではないでしょうか。最近は、コロナ拡大の影響でテレビ収録などが少なくなり、各メンバーに時間の余裕ができはじめたことで、『アラフェス』についてじっくりと話し合いの場が持たれたといいます。そのなかで、休止延期についても議題にのぼっていたという話が漏れ伝わってきました。

活動休止時期の決定を左右するキーパーソンは大野智くん、二宮和也くんといわれていますが、メンバー5人のコンセンサスさえ取れれば、事務所もその決定を尊重し、2021年も活動を続行するのではないでしょうか。嵐に多数決はありません。とことん5人全員が腹を割って話し、納得した形になれば話は前に進んでいきますよ」(芸能関係者)

 活動続行は、あくまでファンや関係者側でくすぶっている希望的観測との向きもあるが、そうは言いきれなさそうだ。具体的な動きも出始めた。流れを敏感に察知しているのが、活動続行を踏まえて、約1カ月前から本格的なリサーチをかけている大手広告代理店関係者だという。

「活動休止延期に備えプロジェクトチームが組まれました。そうなった場合にスムーズにスポンサー筋に説明できるように手はずを整えています。もし活動期間が延びれば、テレビ出演やイベント、ツアー、CM契約などを再構成する必要が出てきます。そういった事態に対応してバックアップできるように、水面下でくだんのプロジェクトチームを軸にしたプロたちが準備を進めています」(前出の関係者)

 予定通りの年内活動休止か、それとも延期はあるのか……いずれにせよ、5人が決断するのは遠くないのかもしれない。

嵐「活動延期やっぱりある?」… 大手広告代理店内にプロジェクトチーム発足のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!