武豊、落語、人生戦略… 編集部おすすめ「ジシュクの読書」3冊

編集部

武豊、落語、人生戦略… 編集部おすすめ「ジシュクの読書」3冊の画像1

 新型コロナウィルスの一連の騒動で、世間はなかなか外に出づらい日々が続いている。緊急事態宣言まで出てしまった今ではなおさらだ。

 リモートワーク、自宅待機を余儀なくされるビジネスパーソンも多く、学生も学校に行けない状況。とにかく「家時間」「ジシュク時間」が長いこの状況で、悶々としてしまう人も多いだろう。アクティブな人ならなおさらだ。

 そんな人にとっての強い味方として一般的にいわれているのが「NETFLIX」や「Amazon Primeビデオ」などのサブスク動画サービスや「YouTube」など無料でも楽しめるサービスだろう。これらのサービスをサーフィンしているだけで、1日などあっという間に過ぎてしまう。これらサービスの充実度は普通ではないからだ。

 ただ、やはり動画視聴ばかりだと、あとから不毛な気分になる人もいるかもしれない。

 となると、たまには「ジシュクの読書」でもしてみてはいかがだろうか。活字を追うのは能動的な行為だし、知識を満たすという点では意味ある行為である。

 とはいえ、普段読書をしない人にとっては、活字を読むだけで拒否反応を示す人もいるかもしれない。そこで今回は、編集部おすすめの「とっつきやすい、おもしろい本3冊」をご紹介してみようと思う。

武豊、落語、人生戦略… 編集部おすすめ「ジシュクの読書」3冊のページです。エンタMEGAは、カルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!