今年1月7日に乃木坂46を卒業すると発表し、世間に衝撃を与えた白石麻衣。卒業発表後、彼女がアイドル活動中に一切スキャンダルがないことが話題となり、アイドルの鑑と称賛されていが……。

 実は裏ではアプローチがたくさんあった様子。

 夕刊紙「日刊ゲンダイ」のウェブサイト「日刊ゲンダイ DIGITAL」で1月9日配信された「乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人」という記事では、白石とドラマ共演した男性アイドル2人から猛烈アプローチを受けていたことを報じている。

「男性アイドル2人が連絡先を聞こうとアプローチを白石さんは受けていたが、蹴散らしたという内容の記事で、男性アイドルはイニシャルで書かれていました。ですが、記事にあるヒントからKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんとKing & Princeの永瀬廉さんであるとネットは特定。配信当時、ジャニーズファンの間でも話題となりました」(芸能ライター)

 白石と永瀬はドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)で共演。白石推しであった永瀬が猛烈アプローチしたと、にわかには信じがたい。だが、永瀬のファンはこの記事を受けて「永瀬くんもフラれるんだね……」「まいやんかわいいから仕方ないね」といった声が上がっていたようだ。

 そんなファンに衝撃を与えた2人の関係なのだが、なんと3月25日放送の音楽特番『プレミアムミュージック2020』(日本テレビ系)で2人が同じ画面に映る一幕があり、見ていたファンがざわつく騒ぎが起こったのだ。

キンプリ・永瀬廉「白石麻衣に猛アプローチ疑惑」再燃! 音楽特番バッティングでファンざわざわ…のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!