アイドルグループ・乃木坂46の4期生の遠藤さくらが、24日発売の男性ファッション誌「smart」(宝島社)に登場。

 25日にリリースされた25thシングル「しあわせの保護色」(N46Div.)のMV内で見せた、1期生・白石麻衣との振り付けの意味を語り、「後継者に正式指名?」「あの場面でエースの座を引き継いだわけかぁ」とファンを歓喜させた。

 昨年9月に発売された前作「夜明けまで強がらなくてもいい」(同)で初選抜入り&センターに大抜擢された遠藤は、白石の卒業ソングとなる今作でも選抜入りを果たし、注目を集めている。

「その最新曲のMV内において遠藤は、白石から頭を撫でられるような場面があり、その意味を振付師に訊いたところ、『“私(白石)が卒業して乃木坂46に変化が訪れるだろうけど、任せたよ”って意味があるみたいなんです』とのこと。

白石は先月13日に放送されたバラエティ番組『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)においても、『(昨年の)夏頃に後輩がセンターになった楽曲が出たんですけど、すごく頼もしく成長して。ああもう任せられるなと思った』と、卒業を決心した経緯を語ったため、乃木坂46ファンの間では遠藤が正式な後継者として認知され始めているようです」(芸能関係者)

 その白石から「スタイル良すぎ」と絶賛されるほどの恵まれた体型を活かし、女性ファッション誌のモデルとして引っ張りだこの遠藤。ビジュアルに関しては乃木坂46の顔になるに相応しいが、白石ほどの人気を獲得するためには、「バラエティ能力を磨く必要がある」と指摘する声も寄せられている。

乃木坂46・遠藤さくら、新曲MV内で「白石麻衣の後継者」に指名? バラエティでの活躍に期待ものページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!