元グラビアアイドルでタレントの安田美沙子が、「女性セブン」(光文社)で報じられたファッションデザイナーで夫の下鳥直之氏の不倫について「お騒がせしており申し訳ありません。たくさん話し合いましたが、私には主人が必要ですし、何より子供達のパパには、彼しかいないと思っております。家族を本当に大切に思っているのであれば、主人が自ら責任をもって行動してくれると信じています」とSNS上でコメント。騒動を謝罪した。

 下鳥氏といえば、2016年に病院に勤務していた20代女性Aさんと一緒に新宿歌舞伎町のラブホテルに入ったところを週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた。「女性セブン」はこのAさんと下鳥氏が2度目の不倫したとキャッチしたというのだ。

「安田が精神的に不安定になっていないか心配されていますよ。前回『文春』にスクープされた際には心が乱れていたのか地方局のロケ中に急に涙が溢れでて、涙を流して周囲を騒然とさせる事件も発生しています。

そのときは、共演のお笑い芸人に励まされ、すぐに笑顔を取り戻していましたが。元来、プライドが高くSNS上で幸せアピール、家族仲良しアピール、セレブアピールを頻繁におこなってきただけに、その反動で今回の不幸によってまた心に大きなキズを負わないか懸念されていますよ」(芸能関係者)

 安田といえば先日、前の所属事務所と退所めぐって訴訟トラブルが起きていることが明らかになった。

「見栄っ張りで業界でも有名なワガママタレントですから、ギャラでモメています。せっかく育ててもらった事務所に対して恩を仇でかえすようなことをしているので、周辺の関係者から下鳥氏が不倫したという家族スキャンダルをリークされたのでしょう。恨みを買うようなことをするとこういったツケがまわってきますよ」(同)

 次から次へと起こる試練を吹っ飛ばすことができるのか。

安田美沙子「身から出た錆」不倫リークも当然の「ワガママっぷり」とはのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!