俳優活動を休止中の坂口憲二が、25日に発売された男性ファッション誌「OCEANS」(ライトハウスメディア)に登場。

 コーヒー焙煎士として働く様子や、趣味のサーフィンを楽しむ様子が紹介されたが、「相変わらずイケメン!」「元気そうで安心した」と反響を呼んだ。

 坂口は2018年3月、厚生労働省指定の特定疾患「特発性大腿骨頭壊死症」を発症したことを発表。これは大腿骨頭の骨組織が壊死し、関節が変形・破壊してしまう疾患であり、治療に専念するため同年5月に事務所を退所し、以降は芸能活動を休止している。

「一時期は『車椅子での生活を余儀なくされるのでは?』と心配された坂口ですが、『徐々に復調してきたので海に行く時間も増えました』と、同誌ではサーフィンをする姿を披露。

また、自身が手掛けるブランド『The Rising Sun Coffee』の焙煎所で、コーヒー豆が炒られていく様子を真剣に見つめるカットも掲載されましたが、『やっぱり絵になるなぁ』『渋みがプラスされてさらにカッコよくなった』と、絶賛の声が相次いだようです」(芸能関係者)

 ビジュアルは衰え知らずでカラダは復調となれば、「いずれ俳優業復帰の可能性も?」と期待する声も高まるが、今回のインタビューを見る限り坂口にその意思はあまりないのかもしれない。

坂口憲二、ファッション誌登場「相変わらずイケメン!」絶賛の声 「人間らしい生活」送り俳優業復帰はなし?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!