3月14日、囲み取材スタイルのバラエティー番組『日向坂46です。ちょっといいですか?』(dTVチャンネル)が配信が開始された。第1回では、行われたプロの芸能レポーターを招いてレクチャーを受け、その後に最初のゲスト・梅沢富美男を直撃。レポーターに扮した佐々木久美、齊藤京子、富田鈴花、渡邉美穂の4人が大御所芸能人である梅沢へ取材を行った。

 初回から強気のキャラを活かした齊藤は大活躍。撮影終了後の感想で齊藤は「いざインタビューが始まってみると、前半は緊張して難しいなと感じるところもありました」と語りつつも、「中盤から後半にかけては、 ズバズバ質問をすることができました」と撮れ高のあるインタビューが出来たことを明かした。

 齊藤といえば、もう一つのグループの冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)でも番組MCでお笑い芸人のオードリーや番組スタッフに対する強気の発言が目立っている。昨年放送された同番組の「クレーム続出!この際だから言っておこう!!」企画で齊藤は「アイドルらしい企画をもっとやってほしい」と、これまでの企画内容に不満の声を挙げた。

 野球ネタやキン肉マンネタなどの企画が目立つことに対して「もはやアスリート系か中年男性向け用じゃないですか」とクレーム。続けて齊藤は「私たちの女性ファンの気持ちも考えてほしい」とメンバーを代表して番組への要望を訴えた。

 このように言いたいことはズバッと言う齊藤のスタンスが活かさている『ひなちょい』。梅沢に対しても、「最高年収10億円って本当ですか?」と聞きづらい質問を切り出し、間髪入れずに「先月の月収は?」「プレゼントの最高額は?」「私たちにもバックを買ってもらえますか?」など、立て続けにズバズバと質問を繰り出した。

 この齊藤のインタビューぶりにネットでは「きょんこ、いい質問するなー」「きょんこスゲェwwww」「グイグイいくね~(^ω^)インタビュー上手」「ひなちょい、きょんこ強いw」「ライトな質問から、踏み込んだ質問まで、どれも面白かったです」といった声が寄せられている。バラエティ番組では重宝されそうな“強気きょんこ”が『ひなちょい』や『日向坂で会いましょう』以外で炸裂する日もそう遠くはなさそうだ。

齊藤京子「強気きょんこ炸裂」! 梅沢富美男にズバズバ質問するキャラがバラエティ番組でも活躍の予感のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!