TOKIO「ラスト作品はカレー」!? 長瀬のジャニーズ退所説で集大成がまさかの“カレー”に?

編集部

 今月22日放送のバラエティー番組『ザ ! 鉄腕 ! DASH!! 』(日本テレビ系)で、TOKIO・長瀬智也とメンバーらが723日間かけて開発に力を注いだ“DASHカレー”が遂に完成した。番組ではそのレシピをすべて公開し、「29日の放送で視聴者と一緒にいただきますができたら」と長瀬が提案した。

 TOKIOのメンバーがゼロからカレーライスを作り上げるというこの企画がスタートしたのは、元メンバーの山口達也の脱退が決まった2018年のこと。それから足掛け3年に渡って、カレー開発の中心メンバーとして、研究に並々ならぬ情熱を傾けてきた長瀬。山口が抜けてグループの音楽活動が休止して以来、音楽への情熱をそのままカレーに向けているかのようにも見えた。

 さらに番組内ではカレールー開発の専門研究員も驚くほどの鋭い味覚と、スパイスの調合のためインドまで足を運ぶなど一切の妥協を許さないストイックさを見せ、彼の新たな才覚を発揮し視聴者を驚かせてきた。

 長瀬は2021年の春以降に退所する意向をジャニーズ事務所に既に伝えていると、先月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に報じられている。音楽活動に大きなウェイトを置いてきた長瀬だけに、結成25周年のメモリアルイヤーだった昨年に新譜はもちろん、ライブも行えなかった今の状況に不満を募らせていた。また、ここにきて2018年放送のドラマで嵐・二宮和也が主演した『ブラックペアン』(TBS系)は当初長瀬主演で話が進んでいたことを知り長瀬が激怒した、といったエピソードも各メディアによって報じられている。

 音楽活動休止に加え、俳優業までも後輩に回され減少してしまっては、長瀬としてはもはや情熱を傾けられるのはカレーばかりとなるのも無理はないのかもしれない。事務所としてはなんとか食い止めたいのか、来年1月には主演ドラマが決まっているとは言われているが、カレーも完成した今となっては、長瀬の情熱はどこへ向かうのだろうか。

 次々と所属タレントの退所が決まり大きく揺らいでいるジャニーズ事務所。長瀬の退所は果たしていつになるのだろう。26年間アーティストとして第一線で活躍し続けてきたTOKIOが残す最後の作品がカレーになってしまうのは、やはり少し寂しいものである。

TOKIO「ラスト作品はカレー」!? 長瀬のジャニーズ退所説で集大成がまさかの“カレー”に?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!