1990年代後半から2000年代初頭にかけて爆発的な人気を獲得し、今では日本ロック界の重鎮とも言えるバンド・GLAY。そんなGLAYのリーダーであるTAKUROが、その体の秘密について明かし、話題となっている。

 15日にTOKYO FMで放送されたラジオ「DAIGOのOHAYO-WISH!!」にTAKUROはゲストとして出演。MCであるDAIGOにGLAYについて多くの質問を受け答えた。

 この中で、GLAYがデビュー25周年を迎えるにもかかわらず、TAKUROの体形がデビュー当時から全く変わっていないのではないか、とDAIGOに聞かれたTAKUROは「高校時代の体重と、今と、一緒かも」と高校時代から体重が変化していないということを告白。

 驚くDAIGOに対して、「一番は食事、カロリーコントロールだと思う」とその秘訣を明かし、妻である岩堀せりに対しても、結婚する際に食事は自分で作るという事を告げていたと打ち明けた。

 さらに、「バンドを辞めたらカツ丼食べたいね。いや、今も食べるんだけど、思い切り食べられないから」「あと、JIROがうるさいんだ」と、普段から節制していることや、メンバーであるJIROがシェイプキープに口を出してくることもカミングアウトしていた。

 この件に対し、「プロだね、食欲に負けないのはすごい」「昔は老けたTAKUROが苦手だったけれど、今1番かっこ良いね!」など、TAKUROのプロ意識に驚く声が多く挙がっている。

GLAY「ハブられTERU」問題勃発!? TAKURO体型維持にJIRO「小姑化」告白にツッコミ殺到!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!