嵐「予定通りに活動休止」? NHK公式ナビゲーター不在の危機…東京五輪延期でも“活動延期しない説”が濃厚なワケとは

編集部

嵐「予定通りに活動休止」? NHK公式ナビゲーター不在の危機…東京五輪延期でも活動延期しない説が濃厚なワケとはの画像1

 アメリカのトランプ大統領が、新型コロナウイルスの感染拡大による影響が懸念されている、今夏開催予定の東京五輪について、「無観客でのオリンピック開催は想像ができない。個人的な考えだが、1年間延期するのも良いかもしれない」と発言した。

 IOCは開催や延期についてまだ決断を下す段階ではないとしているものの、さまざまな憶測が飛び交っている。そんななか、2020年いっぱいで活動を休止する嵐もオリンピックに合わせて活動を1年延長するのでは、と一部ファンの間で期待が高まっている。

 東京五輪の「NHK東京2020オリンピックパラリンピックスペシャルナビゲーター」に就任している嵐。その活動は昨年から始まっていて、NHKの特別番組「2020スタジアム」に出演し、選手や大会関係者らとの交流し、オリンピック・パラリンピックの魅力や裏側を視聴者に伝える役割を担ってきた。2020年で活動を休止する嵐にとって、最後の花道ともなる最後の大舞台となるはずだった。

 嵐は4月に予定されていた北京コンサートを中止し、5月に行う予定の新国立競技場でのコンサートも未定の状態だ。秋から年末にかけてはファイナルツアーの予定もあり、延期された公演が来年まで持ち越されるのでは、との見方もある。しかし、昨年11月に活動休止を待たずに結婚を発表した二宮和也と他メンバーの不仲説や、今月12日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた櫻井翔の“二股愛”など、活動休止を前に数々の問題を孕んでいるように見える嵐。今の状態からの1年活動延長はメンバーからすると、かなり難しい問題と言えそうだ。

 思えば嵐の先輩であるSMAPも2020東京パラリンピックを支援する応援サポーターを務めていたが、開催を待たずして2016年に解散している。同じく嵐もメンバーそれぞれの思惑があるなかで、五輪が延期されたからといって、活動も1年延期となる可能性は低い。NHKとしても、ジャニーズ事務所としても五輪が延期となった場合、嵐の代役を誰が果たすのか、頭を抱えていることだろう。SNSでは「嵐の代わりなんていない」とファンたちが悲しみの声をあげている。

 国民的アイドルとして多くのファンを魅了し続けてきた嵐。その活動休止に心を痛めているるファンも多く、東京五輪での嵐の最後の華々しい活躍を楽しみにしていたに違いない。メンバーのスキャンダルから東京五輪問題まで、ラストイヤーに次々と大きな障害が出現し揺れ動く嵐の今後の決断に注目したい。

嵐「予定通りに活動休止」? NHK公式ナビゲーター不在の危機…東京五輪延期でも“活動延期しない説”が濃厚なワケとはのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!