17日午前のTwitterトレンドに上がっていた「LINE離れ」というワードが、一部で話題だ。

 月間アクティブユーザー数8200万人と、日本で使用可能のSNSアプリとしてはぶっちぎりのユーザー数を誇るLINE。メルマガやタイムライン投稿、最近ではLINE payの登場で注目度は高水準をキープしている。

 その一方、ユーザー数が多いためか「LINE離れ」といったワードが時折トレンドになることも。その理由はさまざまだが、ユーザーの間では

「家族以外と使わない」
「タイムラインまではよかったけど、機能増えすぎ」
「気づかなかったけど、トレンド見て『確かに』ってなった」
「いつの間にかコミュニケーションじゃなくて業務用になった」
「世間もようやく気づいたか」
「時代遅れ……なのかな」

 と、納得と困惑と動揺の意見が散りばめられている。確かに機能が増え、広告が多くなったような気もするが……。

 とはいえ、多くの人にとっては生活に根付いたLINE。当面はユーザー数の観点からもその地位は盤石だろう。海外展開はうまくいっていないが、日本国内だけでも十分食っていける現実がある。

佐藤健が「#LINE離れ」阻止の救世主? 『恋つづ』好視聴率も支える「彼氏力」に脱帽のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!