野村萬斎の長女「コネでTBS入社」も納得!? 人間国宝&五輪ディレクター「最強の“七光り”」でも実力相応の才色兼備?

編集部

 狂言師で俳優の野村萬斎の長女・野村彩也子さんが4月からTBSに、アナウンサーとして入社することがわかった。

 彩也子さんは慶応義塾大学出身で、湘南藤沢キャンパス通称“SFC”の女子学生から選ぶ「ミス慶応SFCコンテスト」でグランプリを受賞。その端正なルックスからネット上では「才色兼備な女子大生」として人気は博していた。

 学歴も容姿も申し分なし。まさに女性アナウンサーに人物といえる。

 そんなデビュー前から脚光を浴びる彩也子さんだが、実はすでにテレビ出演は経験済みだ。昨年1月に放送された学習塾「日本公文教育研究会(KUMON)のCMで、父・萬斎と弟で狂言師の裕基さんと出演。公文OGとして、そして“萬斎の娘”として親子共演を果たしている。

「学生時代の得意科目は数学と英語のようで、イギリスの名門・オックスフォード大学への留学経験もあるとか。それでいて、容姿端麗なわけですから学生時代から注目を浴びるのも至極当然でしょう。

ちなみに、紗栄子さんは将来の夢について『アナウンサーを目指しています』と明かしていて、好きなタレントには元東京テレビのフリーアナウンサー・大橋未歩さんを挙げているとか。そのため、一部では『いずれ女子アナになるのでは』と予想する声も上がっていました」(芸能ライター)

野村萬斎の長女「コネでTBS入社」も納得!? 人間国宝&五輪ディレクター「最強の“七光り”」でも実力相応の才色兼備?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!