松岡昌宏も恐れる「ミタゾノの呪い」4期目であの新進女優にも醜聞? 『相棒』に次ぐ地雷とは

編集部

松岡昌宏も恐れる「ミタゾノの呪い」4期目であの新進女優にも醜聞? 『相棒』に次ぐ地雷とはの画像1

 

 4月期の金曜ナイトドラマで『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)の4シーズン目が放送されることがわかった。

 TOKIO・松岡昌宏が女装で扮する家政夫・三田園薫を中心としたこの物語は、放送されれば毎回話題になる人気シリーズ。松岡も「2作目も3作目もうれしかったのですが、4作目はまた格別」と喜んでいるようだ。

 また、今回から新キャストとなるのが「家政婦役」の飯豊まりえだ。新進女優の抜擢に「飯豊ちゃんはかわいい」「期待する」といった声が非常に多い。

 しかしその一方、飯豊を「心配」する意見も相次いでいる。

「同ドラマは若手女優がシーズンごとに家政婦ポジションで入るのですが、1が清水富美加(千眼美子)さん、2が剛力彩芽さん、3が川栄李奈さんでした。

 清水さんはその後「幸福の科学出家騒動」で世間を騒がせ、剛力さんはZOZOの前澤友作さんとの大恋愛で賛否両論、川栄さんは突然のできちゃった婚→夫の浮気騒動と、とにかく世論を巻き込むような出来事を起こしています。

 ネット上では『ミタゾノの呪い再びか』『飯豊ちゃんも何かあるのかな』『今から気持ちを整理しておこう』など、すでに覚悟を決める意見まで出ています(笑)。まあ、これだけ続くのも珍しいですよね」(記者)

松岡昌宏も恐れる「ミタゾノの呪い」4期目であの新進女優にも醜聞? 『相棒』に次ぐ地雷とはのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!