11日、女優の吉高由里子が主演を務めるドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ)が最終回を迎えた。同ドラマに出演するジャニーズWESTのメンバー・重岡大毅が同日、吉高とともに『ヒルナンデス!』(日本テレビ)に出演し、知らなくていいコトのポーズを披露したことが話題となった。放送後は「ヒルナンデス」「重岡大毅」のワードがツイッターでトレンド入りし、重岡の人気が止まらない。

 ゲスト紹介ではMCを務めるお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの南原清隆から「びっくりだよ、いい人だと思ってたのにね~」と演じる役処の性格についてさっそくいじられる一幕もあった。家事と主婦を両立する「ハンドメイド主婦」を紹介するコーナーでは、ドラマ中に吉高が披露するナイショポーズをカメラ目線で決め、ネットでは重岡のナイショポーズについてコメントが殺到した。

 ネットでは「おふざけしげちゃん、入りました笑笑」「ついついふざけたくなっちゃう重ちゃんがかわいい」など、ボケまくる重岡に喜ぶ声や、「ちょっと照れてるの可愛い」「ぺろって舌した〜」「ここ!ここ好きなんですけど同志いる!?この顔!」と、逐一重岡のリアクションに反応するファンのコメントが寄せられた。

 重岡は同ドラマでの演技は「ジャニーズの新境地を切り開いた」と高評価を得ている。吉高の元恋人役を演じ、歪んだ愛で性格の悪い役をウザさ満点に演じ切ったことが賞賛されている一因だろう。その役処は「闇落ち」とまで言われているが本人も、公式サイトで“闇落ちTシャツ”を着て満面の笑みを浮かべるなど、開き直っている様子を見せている。

 これまでには2016年に公開された映画「溺れるナイフ」では、小松奈菜演じるヒロインに恋するも、片思いのまま実らない切ない役を演じていた。イメージとして恋愛の邪魔者役が定着してきているが、これからさらに演技の幅を広げ、いろんな役に挑戦していくだろう。

 今後、重岡の俳優としてのポテンシャルに期待したい。

重岡大毅「おふざけしげちゃん」ヒルナンデスでボケまくり! 知らなくていいことポーズでファンサも忘れないジャニーズの鑑のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!