NHK『スカーレット』に「ジャニーズ圧力」か、稲垣吾郎投入週で“現役ジャニ離婚”の強引展開に呆れ

編集部

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』も終盤に入り、元SMAP・稲垣吾郎の途中登板が話題となるなか、ジャニーズファンから落胆の声が相次いでいる。

 6日の放送では、桜庭ななみ演じる直子が、なぜか全身ヒョウ柄の奇抜な恰好で再登場。突如姿を見せたと思いきや、喜美子(戸田)に「鮫島と別れました……。捨てられた! ごめん!」と離婚したことを告白した。

 この唐突な展開に、ジャニーズファンからは「正門くんもう出ないんだろうなあ」「やっぱり新旧ジャニーズは共演NGなのか」「大崎先生(稲垣吾郎)登場→鮫島(正門良規/ジャニーズ)退場 非常にわかりやすい流れw」「稲垣くんが初登場した週で、正門が正式に退場ってことになると圧力かけたように思えちゃう、、ジャニーズ事務所に文句言いたいな」(原文ママ)という声が相次いでいる。

「これまで直子の夫である鮫島を演じていたのは、関西ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ! groupの正門良規。稲垣の登板が発表された際、『新旧ジャニーズの共演解禁か?』と話題になっていましたが、やはり叶わなかったようですね。

それにしても、“ジャニーズルール”のために主要キャラに離婚させるとは、相変わらずジャニーズの古い体質が垣間見えます」(記者)

 もし、これが大人の事情によるものだとしたら、「新しい地図」側が制作サイドに対し「ジャニタレ共演NG」を通告したとは考えにくく、NHKがジャニーズ事務所側に配慮したと捉えるのが自然だろう。

NHK『スカーレット』に「ジャニーズ圧力」か、稲垣吾郎投入週で“現役ジャニ離婚”の強引展開に呆れのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!