TKO木下隆行「事実上のクビ」“後輩パワハラ”疑惑が原因か。反省促すも「改善の余地なし」に呆れ声

編集部

TKO木下隆行「事実上のクビ」後輩パワハラ疑惑が原因か。反省促すも「改善の余地なし」に呆れ声の画像1

 お笑いコンビ・TKOの木下隆行が、今月15日をもって「退所」することを所属先の松竹芸能が発表した。

 同事務所の公式サイトでは「弊社所属タレントのTKO 木下隆行は、2020年3月15日をもって弊社を離れる事になりました」とし、今後については「フリーとして」引き続き芸能活動をやっていくと説明。また、相方の木本武宏とはコンビを存続させることも記しており、「今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします」と伝えている。

 ここ最近は、テレビなどのメディアで全く見かけなくなった木下。そのため、ネット上では事実上の“謹慎状態”と囁かれていたが、その原因は昨年一部週刊誌から報じられた「パーティー費用着服」や、後輩芸人に対する「悪質イジメ」といった黒いウワサだ。

「スクープされたのは、木下さんが主催したよゐこ・濱口優と南明奈の結婚パーティーでの『会費』を、濱口が後輩を気遣って全額出したにもかかわらず『ネコババ』したというものでした。

それに対し、後輩芸人がその会費の行方を木下さんに尋ねると、激昂してペットボトルを投げつけ、目を負傷させさらに暴言まで吐いたとされています」(芸能ライター)

 パーティーの会費を自身の懐に入れ、さらには後輩への「パワハラ疑惑」も浮上。上下関係が極めて厳しいとされる芸人の世界とはいえ、これでは単なる“弱い者イジメ”に過ぎない。

TKO木下隆行「事実上のクビ」“後輩パワハラ”疑惑が原因か。反省促すも「改善の余地なし」に呆れ声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!