槇原敬之の違法薬物逮捕で「芋づる式」芸能界に激震走る? モーニング娘。OGに疑惑の目も

編集部

槇原敬之の違法薬物逮捕で「芋づる式」芸能界に激震走る? モーニング娘。OGに疑惑の目もの画像1

 先月13日、歌手の“マッキー”こと槇原敬之が覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕されたことを受け、芸能人が芋づる式で逮捕される可能性があることを、同月27日発売の週刊誌「女性セブン」(小学館)が報じた。

 その捜査線上には、NHK紅白歌合戦に出場経験のある女性歌手Aが浮上しているとのことで、「ある程度、特定できるのでは?」「Aはイニシャル? だとしたら……」などと、ネット上では“容疑者”探しが盛り上がりをみせている。

「そのAを特定する手がかりとしては、2010年頃から『やせて顔も青白くなり、歌声がかすれてしまう日も多かった』と、変化が表れたようです。ちなみに槇原はその年、デビュー20周年を記念したベストアルバムを2作同時リリースしたり、日本を代表する歌姫・浜崎あゆみに『Sweet Season』という楽曲を提供するなど精力的に活動していました。『女性自身』によれば、Aが逮捕されれば“槇原の逮捕以上の衝撃が予想される”とのことで、『誰もが名前を知る歌手ってことだよね?』と、紅白出場経験が複数回ある女性歌手に対して疑惑の目が向けられてしまっているようです」(芸能関係者)

 また、以前からネット上では“国民的アイドルグループの元メンバー”に対し、薬物使用疑惑が浮上。先月17日、モーニング娘。OGの加護亜依が自身のTwitter上において、「私は薬物とは一切関係ありません」と表明して以降、他のOGへ疑いの目が向けられることになってしまった。

「その加護が以前、所属していた事務所とマネジメント業務提携契約を結んでいた市井紗耶香が、先月5日に契約解除され、その際に事務所の代表が自身のブログで、『短い契約期間でしたので語らずとも理解して頂けると思います』と意味深なアナウンス。また、後藤真希のここ最近のインスタ投稿での激ヤセぶりなど、何か少しでも異変があると、『まさか?』と、あらぬウワサが広まる状態になってしまっているようです」(同)

「女性セブン」では他にも、“大御所バラエティタレントのE”や“ハーフタレントのE”など、複数の芸能人が捜査線上に浮上していると報じた。これを機に芸能界のクリーン化を期待したいところだ。

槇原敬之の違法薬物逮捕で「芋づる式」芸能界に激震走る? モーニング娘。OGに疑惑の目ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!