女優の夏帆は22日、自身が主演する映画「Red」の公開記念舞台挨拶に出演。妻夫木聡ら共演した男性陣からバラの花束をプレゼントされ、主演作の公開を労われた。

 劇中で夏帆は元恋人との不倫に溺れていく主婦を熱演。近年芸能界で不倫といえば、厳しいバッシングに晒されるなど今まで以上にイメージの悪化が著しいもの。だが今作では、夏帆の体当たりな演技が話題となりネット上で共感を呼んでいる。

 夫と娘を持つごく平凡な主婦が、独身時代に付き合っていた元恋人との再会を機に不倫関係に陥る様を演じた夏帆。撮影では、妻夫木とのベッドシーンの際に三島有紀子監督から「今まで見たことがない顔が見たい」と要求されたといい、“自分のできる範囲内のお芝居ではダメだ”と感じたと告白していた。そのためこれまでから「一歩踏み出そう」と演技に葛藤した苦労を語りながら、「30代に向けてのターニングポイントの作品」になったと振り返った。

 この年末年始から現在まで、芸能界の不倫報道が連発していることは記憶に新しい。次々に新たな事実が暴露され現在も“炎上”が収まる気配の無い東出昌大をはじめ、鈴木杏樹やテレビ東京アナウンサー・鷲見玲奈なども、多くのバッシングを受けてレギュラー番組の降板や一時的な番組欠席を経験している。それだけ不倫に対する世間の目が厳しくなっているのだ。

 だがそんなご時世にも関わらずネット上では、「夏帆ちゃんの演技が素晴らしかった」「思わず惹きつけられた」「塔子(夏帆)がとても美しかった」など、夏帆の不倫演技が大絶賛されている。中には「終わった後、しばらく席から立ち上がりたくなかった」と、真に迫った大胆な演技に圧倒される観客も現れるほどだった。

 12歳で女優デビューした夏帆も、現在28歳。本人も“ターニングポイント”と表現するように、今作で来たる30代に求められる演技へのステップアップを果たしたのかもしれない。女優としてさらなる高みを目指す彼女の今後への期待がさらに膨らむ映画となったようだ。

夏帆「不倫姿が大反響」いま話題の“不倫女性”を体当たり熱演し、その出来栄えにネットも絶賛の嵐のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!