20日、お笑い芸人の東野幸治がラジオ番組「佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント(ニッポン放送)」に生出演。そこでYouTuberデビューに向けた準備を進めていることが明らかになった。

 YouTubeでの活動は所属する吉本興業とエージェント契約で行う旨ということで、昨年の闇営業に端を発する騒動による“吉本興業離れ”をあらわしているとの見方も出ている。

 パーソナリティを務めるテレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行と東野は、過去に佐久間プロデュースのバラエティ番組「キングちゃん(テレビ東京)」に東野がゲスト出演する間柄。そんな近い関係性もあってか東野は、吉本興業絡みのトピックスについて次々に言及。

「大崎・岡本体制で、おれ多分“序列ナンバー5”ぐらいやなって思って」と数多の芸人がいるなかで上位に君臨していると発言したり、テレビ番組を活用したビジネス話では「吉本になると、ややこしなって、すぐ空中分解っていうか、爆発して分からなくなるけど」と言いたい放題。佐久間は「ゴッドタン(テレビ東京)」をはじめテレビ業界の常識にとらわれない制作スタイルでおなじみだが、東野の自由なスタンスに「東野さん、これオンエアされてますからね」と苦笑いしていた。

 さらに東野はYouTuberデビューについて触れ、「吉本が入ると同じ人たちでやってるし、何割かは(吉本興業が)お金も取る。『それはかなわんな』と思って、吉本とは一線を引いてYoutubeはエージェント契約でやろうと」と話した。30年以上にわたり吉本興業の人気芸人として活躍していただけに、この“気持ちを割り切った”エージェント契約は東野の心情の変化をあらわしているようにも見える。

 昨年の闇営業問題では、自身のレギュラー番組で会見なく無期限謹慎になった後輩芸人を思いやり「他の芸人たちはやっぱりつらいと思うし、もしも会見をしたいって言うのならさせてあげてほしい」と涙のメッセージを発した東野。同時に、時の人となったかつてのマネージャーでもある岡本昭彦社長については「いつからそんなに偉そうになったのか」と疑問をぶつけた過去からも、東野の気持ちは吉本興業から徐々に離れ始めているのかもしれない。

東野幸治「吉本から離反?」エージェント契約でYouTuberデビュー間近!涙の闇営業コメントが引き金?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!