中居正広「好きに書いていいよ」中居節炸裂!退所決定報道も取材記者への神対応がまるで“仏”

編集部

中居正広「好きに書いていいよ」中居節炸裂!退所決定報道も取材記者への神対応がまるで仏の画像1

 仏の中居の神対応だ。

 元「SMAP」の中居正広が、所属するジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所する。そんなビッグニュースをネットメディアが一斉に報じた。これまでもたびたび退所説が囁かれていただけに、“説”が“ニュース”にランクアップしたことで大きな注目を集めている。さらに昨年5月には、週刊誌「週刊文春」に対して「いい写真、使ってね」と笑顔で応えたことも改めて伝えられており、今回この“神対応”が絶賛の嵐を呼んだかたちだ。

 ネットの報道によれば、中居は昨年の時点で事務所との契約を更新しない意向を事務所に伝え、社長の藤島ジュリー氏も中居の意見を尊重し了承したという。一方で、退所はするものの「ジャニーズとは良好な関係を維持していく」ため、出演中のレギュラー番組は継続されるとも報じられ、円満な退所であることが強調された。加えて、去年直撃取材に訪れた週刊文春の記者に対して「好きに書いていいよ」「いい写真、使ってね」など笑顔で対応していたことも取り上げられていた。

 言わずもがな、芸能人にとって週刊誌記者は厄介な存在のはずだ。不倫に闇営業、税金未納など、去年だけでも多くの芸能人がスクープを暴かれ痛い目を見ている。中居自身も熱愛などのスクープを狙う記者に悩まされた経験は一度や二度ではないはずだ。にも関わらず、「いい写真使ってね」と笑顔で言える仏のような心を持てるのは、もはや“神対応”と言っても差し支えないだろう。

 そんな“仏の中居”に、ネット上でも「文春の直撃への対応がいいね、怒りもせずに笑顔で。自分も見習いたいわ」「対応が100点満点プラスαレベルに良過ぎて流石だなとしか言いようがない」「対応がイケメンすぎる・・・。さすが我らがスーパースター中居正広」など、ファンからの称賛が相次いだ。中には「良い意味でふっ切れたのかな」と、中居の心境の変化を感じる声も見られた。

 今回、中居は事務所からは抜けるものの、今後も“ジャニーズ”というブランドは背負って活動するという。そう考えると、レギュラー番組が相次いで降板・終了した稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾のときよりも、業界に与える影響は小さいのは間違いない。全方位への配慮をしたうえでの円満退所。さすがリーダーは気遣いがうまい。

中居正広「好きに書いていいよ」中居節炸裂!退所決定報道も取材記者への神対応がまるで“仏”のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!