オードリー若林「深夜の1人キン消し遊び」に衝撃 「嫁の顔が見たい」と催促の声も

編集部

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、深夜15日に放送されたレギュラーラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内で、昨年11月に入籍した15歳下の一般女性との新婚エピソードを披露。“嫁に隠れて深夜に1人でキン消し遊び”したことを明かし、リスナーに衝撃を与えた。

『キン消し』とは、人気プロレスギャグマンガ『キン肉マン』(集英社)に登場するキャラクターを模した、約4cmほどの大きさの消しゴムの俗称で、アニメが放送された1980年代に一大ブームを巻き起こした。若林は、高校時代に汗を流したアメフトのポジションに対し、キン消しをどう配置するかを考える遊びを楽しんでいることを明かしたのだった。

「今のところ順調に新婚生活を送っている様子の若林ですが、奥さんから唯一、『また買ったんですか?』と咎められるのがキン消しとのこと。そのため、看護師として働く奥さんが夜勤の時を狙い、“アメフト遊び”に勤しんだとのことですが、『(深夜の)1時から4時ぐらいまでやってたのよ。ハイボールを飲みながら』と語ったため、『病んでない? 大丈夫?』とリスナーに衝撃を与えたようです。以前から心に闇を抱えていると評判で、昨年には深夜に1人きりで代々木公園でバスケットボールを楽しむ趣味を明かし反響を呼びましたが、新たなネタが加えられるカタチとなったようですね」(芸能関係者)

そんな若林と結婚したということで、通称“にょぼ林(若林の女房)”へのリスナーの関心は高まる一方。特にこの日の放送では、相方・春日俊彰の妻のクミさんが2度目の電話出演をし、スタジオゲストや顔出し出演に前向きな様子を示したため、「にょぼ林の出演も?」と期待が寄せられている。

「通称“93番”ことクミさんは、昨年4月に放送されたバラエティ番組『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)内の公開プロポーズ企画では顔出ししていたものの、他番組の出演時にはモザイクがかかるようになったため、疑問に思った若林が生電話。結婚直後に春日の浮気が発覚し、怒りの出演をして以来の登場となったのですが、前回同様に機転の利いたトークを展開してリスナーを笑わせました。スタジオへのゲスト出演も快諾したのですが、若林が以前から番組内で、春日家との食事会や旅行などを冗談交じりに提案しているため、『いずれ、にょぼ林の出演もあるのでは?』『嫁の顔が見てみたい』などと、リスナーから期待の声が集まったようです」(同)

新年最初の放送回では、蕎麦アレルギーの奥さんにバレないよう、留守の時に隠れて調理したエピソードを披露。今後、若林は徐々に恐妻家キャラに移行していくことになるのかもしれない。

オードリー若林「深夜の1人キン消し遊び」に衝撃 「嫁の顔が見たい」と催促の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!