ジャニーズWEST「NEXT国民的グループ」メンバーが個々に成長を遂げ、ポスト嵐を目指す!の画像1

 アイドルグループ「ジャニーズWEST」の躍進が止まらない。昨年の「ワールドカップバレーボール」では大会スペシャルサポーターを務め、今年3月には新アルバム「W trouble」のリリースも控えているなど、露出頻度が加速度的に増加している。

 その活躍ぶりは、これまで同じ関西ジャニーズ出身という共通点から“ポスト「関ジャニ∞」”と呼ばれていた評価を飛び越えて、国民的アイドルに君臨する“ポスト「嵐」”になるのではないか?という見方も出てきているほどだ。2020年、ジャニーズで一番の飛躍を遂げるグループはジャニーズWESTになるのかもしれない。

 ジャニーズWESTはバレーW杯のスペシャルサポーターや新アルバムのリリースと、大きなイベントが続いている。メンバー個人でも重岡大毅が、現在日本テレビで放送中のドラマ「知らなくていいコト」で主人公の元カレのクズ男に挑戦。“闇落ち”する様を怪演し大きな話題となっている。さらに10日発売の女性週刊誌「週刊女性」では、ジャニーズ事務所が年に一度事務所の注目株を1組だけ招待する“ロス旅行”に、今年は藤井流星・神山智洋・小瀧望の3人が選ばれたと報じられている。ジャニーズWESTに対する事務所の期待の大きさが伝わってくるニュースだ。

 そんな上り調子のジャニーズWESTだが、デビュー時には紆余曲折あった。デビュー内定時には現在と同じ「メンバー7人で」と知らされていたものの、発表直前になって藤井・神山・濵田崇裕を外した4人グループへの変更が伝えられたという。だが発表後に何度もメンバーが「7人でデビューしたい」と訴え、社長のジャニー喜多川に直談判までしたことでようやく7人グループとしてデビューできたのだ。仲間思いな彼らは、メンバー間の仲の良さで知られる嵐の後継者にもなり得るだろう。

 そんな7人の思いを後押しするように、さらなる活躍の場として4月には藤井と神山が主演するドラマ「正しいロックバンドの作り方」が日本テレビでスタートする。2人は兄弟役を演じるといい、普段の絆の深さを世に知らしめる絶好の舞台だ。新たな輝きを放つメンバーの姿が、全国に届けられることとなる。

 これまで苦労してきたグループが花開く瞬間は、応援しているファンにとってはたまらないものだろう。“ポスト嵐”として国民的アイドルへと成長していくために、今年も大いに活躍することを期待したい。

ジャニーズWEST「NEXT国民的グループ」メンバーが個々に成長を遂げ、ポスト嵐を目指す!のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!