12日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)においてmisonoのYouTubeチャンネルに登場した島田紳助氏の話題となった。島田氏は2011年に、反社会勢力人物との不適切な交際が明るみとなり芸能界引退を表明した。その後は旅をするなど、悠々自適な暮らしを送っており芸能界復帰は否定している。だが、紳助氏の復帰説はたびたび湧き上がっているのは確かだ。

 これに対し大竹まことは「(紳助氏は)才能の塊だからね。俺は出て欲しいと思っているけどね。ただ過去には復帰は200%ないとか言う人がたくさんいたじゃない。そういう話はあまり信用できないとはちょっと思うよね」と語った。

 ただ続けて「いつも番組で言うけど、俺たちの復帰は本人が決めることじゃないから。あの人が見たいとなったら出てくるし、そうじゃないとなったら出てこれない。ただそれだけの存在だからね」と、あくまでも世間の需要の話を指摘した。

 この日の放送で大竹は、YouTubeチャンネル開設が好評の江頭2:50についても「江頭は大好きだから」と個人的にお気に入りの芸人であると話すも「ただ、江頭は今のテレビの枠にはちょっとはまらないって感じがする」と指摘し、それゆえにネット空間に活路を見出したのではと話していた。

 MCの垣花正アナウンサーから「復帰は0%ではない?」と問われると大竹は「どうなのかな」と複雑な表情を見せ「死ぬほど金持ってんだろ。俺死ぬほど金持ってたら(芸人を)やめる」と話し笑いを誘っていた。

 紳助氏はナインティナインの岡村隆史と面会時には「金だけ貯めてやめたらええ」とも伝えているだけに、大竹の言葉はギャグを交えながらも、紳助氏の本音をすくい取ったとも言えるかもしれない。(文=相川ナロウ)

島田紳助氏は「才能の塊」「復帰はない?」大竹まことがコメントのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!