先月、ヤラセ疑惑が浮上した”キスマイ”ことKis-My-Ft2の実験バラエティー番組『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)に“打ち切り説”が浮上している。

 事の発端は、恒例企画「年末ジャンボ宝くじ買ったらいくら当たるかな!?」での購入金額だ。Kis-My-Ft2のほか、お笑い芸人のサンドウィッチマン、四千頭身、メイプル超合金、EXITが出演し、1人各10万円分の軍資金で計5,328枚の宝くじを購入したのだが……。

 その結果、EXIT・りんたろー、メイプル超合金・カズレーザー、「ジャンボミニ」購入者のKis-My-Ft2・玉森裕太と二階堂高嗣、四千頭身・石橋遼大が見事高額配当を引き当て、5人がプラス収支に。さらに、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔は少額の1万円ながらも当たりくじを6枚も当てるなど、なんと累計23枚の当たりが出たのである。

「基本的に宝くじは10枚の束を連番で購入すると必ず当たりくじが入っていますが、とは言っても、そのほぼ全てが6等の300円となります。今回の企画のように、ここまで高額配当が出ることは滅多にありません。

そのため、視聴者からは『本当に購入額はそれだけなの?』『こんなことってほぼないよね』などと、ヤラセを疑う意見が続出。それに対して、一部のキスマイファンは『そんなことない!』と反論していましたが、恐らくその方々は宝くじ自体を購入したことはないのかと……」(芸能ライター)

 宝くじで当たる確率を認知していて購入の経験がある方であれば、誰しもがヤラセと疑うだろう。

キスマイ「“ヤラセ企画”濃厚」で番組打ち切りも? 当たりくじを「大量にストック」度が過ぎて視聴者もウンザリ?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!