俳優・田中圭が4月からスタートするテレビ東京のドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」の主演を務めることが発表された。下積み時代が長かった田中が、テレビ朝日「おっさんずラブ」で爆発的にブレイクし、ついには自身初となるゴールデン帯連続ドラマの主演に。このニュースにネットでは祝福のコメントが寄せられた。

 人気漫画「らせんの迷宮-遺伝子捜査-」が原作の同ドラマで、32億通りもあると言われるDNAの配列を記憶する大学准教授・神保仁役を演じる田中。天才肌で狂気的な演技を期待される田中は、「今までは普通が持ち味の役ばかりやってきたので、最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思いますが、自分なりの神保准教授を生きられたら」と意気込みを語った。

 昨年はほぼ毎クールといっていいほど連ドラに出演してきた田中。むしろゴールデン主演が今までなかったのも不思議なくらいだ。2016年に放送されたおっさんずラブでブレイク後、田中の人気はうなぎ登り。ORICON NEWSが発表した「2018 ブレイク俳優ランキング」では、見事1位を獲得した。また、同年に日本テレビのバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」の人気企画「ゴチになります」の新メンバーに加入したことでも反響を呼んだ。

 田中のゴールデン帯ドラマ初主演にネットでは「田中圭がゴールデン帯ドラマ初主演って言われてみればそうなんだね」「元々もっと評価されるべき俳優さん」と、賞賛する声が寄せられた。また、「ずっと昔から脇役ではドラマに出ていた。なかなか突き抜けなかったし苦労もしただろうけど、やっと日の目を見られるようになって嬉しい」と、下積み時代をねぎらうコメントも見られた。

 2018年に放送されたTBSのバラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」では、女性100人に聞き込みを行った田中の魅力がランキング形式で紹介された。1位に「手が届きそうなエロさ」、2位に「愛妻家でイクメン」、3位に「国宝級の横顔」がランクイン。5位には「どんな役にもハマる平凡さ」という意見もあった。今回の役では、平凡さを突き破った変人的演技で、さらにファンを魅了することだろう。

 ドラマのヒットとともに、今後も田中の活躍から目が離せない。

田中圭「まさにシンデレラストーリー」?ゴールデン帯主演にファン歓喜!変人的演技にも注目のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!