グラドルの熊田曜子が、自身のインスタグラムとブログで「2月12日 夜7時に 熊田曜子YouTubeチャンネルを開設します」と発表。同時に、かわいい動物たちのイラストがあしらわれた「KUMADA YOKO Channel」のロゴを公開した。

「子どもっぽいロゴから推測する限り、3児のママとしての育児キャラを押し出すのではないでしょうか? 現在、ママタレ界では辻希美の『辻ちゃんネル』が開設から約9カ月でチャンネル登録者数46万人を突破。熊田の料理は賛否両論あるものの、一定の支持層を獲得していますからYouTubeも“イケる”と踏んだのでは?」(記者)

 辻は、自身のチャンネルで家事を中心に動画を投稿。熊田もインスタグラムで手料理の写真を頻繁に投稿していることから、今後、YouTube上で競合する可能性もありそうだ。

 今回のYouTube開設予告を受け、コメント欄には「楽しみ」「絶対みます」といったファンの書き込みが見受けられるが、ネット上では、YouTubeが広告収入につながることから、“あの騒動”を思い出す人が続出している。

「2012年の“ペニオク騒動”です。永井大、ピース・綾部祐二、ほしのあき、小森純など、関与疑惑が取り沙汰された多くの芸能人がすぐさま謝罪したものの、熊田はスルーしたまま産休へ。この騒動がきっかけでほしのや小森が、ほぼ芸能活動休止状態に追い込まれる一方、熊田は何事もなかったかのように活動しています」(同)

 ネット上では、「YouTubeで『ペニオク』の真相をぶっちゃけるのか?」といった書き込みのほか、「コメント欄荒れそう」「動画アップするたびにペニオクのこと書き込むやつ多そう」といった声も。

熊田曜子「ペニオク」「詐欺」を“NG設定”に!? YouTubeデビューで事件蒸し返される大惨事のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!