俳優の原田龍二が、8日に開催されたアイドルグループ・ももいろクローバーZ(通称・ももクロ)のイベント『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2020 裏』にゲスト出演。メンバーの高城れにとコントを繰り広げたが、その中で昨年5月に話題になった“4WD不倫”をネタにして会場が笑いに包まれる場面があったため、ネット上では、「なんでこの人だけは、不倫が許されるんだ?」「ピンチをチャンスに変えた稀有な存在」などと反響を呼んだ。

 この日は、ももクロのメンバーがそれぞれゲストを招きコントを披露するコーナーがあり、原田は社長役、高城はその秘書役として登場。そのコント中、遅刻の理由を問われた原田が、「今日はマイカーの調子が悪くて」と発言し、高城が「マイカーまだ乗っていたんですか、4WDの!?」と返すやりとりがあった。

「愛車の四輪駆動車内でファンと密会したことから、“4WD不倫”と呼ばれるスキャンダルを巻き起こし話題を集めた原田。同年9月から出演予定だった舞台版『サザエさん』を降板させられるなどの影響はあったものの、その後はCMやイベントなどのオファーが相次ぎ、ネット上では、『むしろ以前より露出が増えたのでは?』『謎の不倫特需』などと、驚きの声が広まっているようです」(芸能関係者)

 原田へのバッシングが少なかった理由としては、「週刊文春」(文藝春秋)によって不倫を報じられた翌日に謝罪会見を行ったことと、その場が笑いに包まれたことが挙げられる。

「世間の怒りの炎が燃え上がる前に非を認めたことと、2016年から3年連続で年末の恒例番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)に出演していたことが功を奏したようですね。同番組内で笑ってしまうミスを犯した際の『アウト~』というフレーズを、妻に言われたと明かしたことで、普段は攻撃的な芸能レポーターも和やかな雰囲気に。現在、俳優の東出昌大が女優の唐田えりかとの不倫発覚によって炎上中ですが、早いところ会見を開き、原田をロールモデルに心からの謝罪と不謹慎と思われない笑いをもたらすことができれば、少しは火消しになるかもしれません」(同)

 原田は昨年末にも同番組に出演し、同じくかつて不倫で世間を騒がせた元衆議院議員の宮崎謙介氏、俳優の袴田吉彦と共演して笑いをとった。東出も今年末、同番組に禊としての出演があるかもしれない。

原田龍二、ももクロのライブで「4WD不倫ネタ」で笑い 東出昌大・復活のロールモデルに?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!