9日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)において、4月度よりレギュラー放送がはじまる『有吉の壁』(日本テレビ系)の話題となった。

 この番組は2015年4月より不定期にスペシャルで放送されてきた。有吉が若手芸人に「壁」を用意し、そこに若手芸人がチャレンジする。「お手本」役として中堅芸人も登場する、芸人に対する無茶振り系番組だ。

 放送時間は夜7時からになる予定で、それを聞いた有吉は「ええっ? 7時?」と驚いたようだ。有吉は「7時とか若い人が家にいないって言われていて、年齢高い人を狙いにいくものが多いから。9時とか10時だったらわかるけど、7時って」と驚くも二つ返事で「やりましょう」と伝えたようだ。

 有吉いわく、こういったものはすべて機運である。「7時は無理だろ。お笑いの番組は見ないでしょ」と尻込みしてしまうと、次のチャンスはない。「もう1年特番でやりましょうと言っても、1年後はない」と述べた。

「番組が成功するか否かは出演している芸人、若手中堅芸人のみなさんのおかげ。もし失敗したら、それでもゴールデンでお笑いやるのもアリだなと気づきも生まれるのではないか」と冷静な意見を述べ「若手中堅芸人のために一回引き受けなきゃいけない仕事なんです。機運ですから」と話した。続けて「後ろ髪引かれる思いもない。テレビ局のお偉いさんはだいたいハゲてるから後ろ髪ない。待って下さいと後ろ髪つかめない」と話し、笑いを誘っていた。

 今年に入り霜降り明星を筆頭にお笑い第7世代に注目が集まっている。有吉としても、芸人系のバラエティ番組ブームの再燃の予感を得ているのかもしれない。『有吉の壁』の評判次第ではお笑いブームの再来といった可能性もありそうだ。(文=相川ナロウ)

『有吉の壁』レギュラー化でお笑いブーム再燃?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!