市井紗耶香「薬物説」まで出たわけ……加護亜依も否定した謎の契約解除の画像1

市井紗耶香 公式ブログより

 アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバーで、現在はタレントとして活動する市井紗耶香。そんな市井の身辺に起きたことをきっかけに、ある“疑惑”が囁かれている。

 6日、芸能事務所『アンカンシェル』の代表で、元競輪選手の中野浩一の妻である中野尚美が、ブログで『市井紗耶香についてご報告。』とタイトルの記事を投稿。「(株)エスダブル所属の市井紗耶香と弊社は約3ヶ月にて『芸能活動についての業務提携契約』の合意契約解除を致しました」と、市井との業務提携契約を解除した事を発表し、5日付で契約解除に両者が合意した事を報告した。

 さらに「約3ヶ月という短い間の『業務提携』でした。短い契約期間でしたので語らずともご理解頂けると存じます」と、両者に何かがあったことを匂わせるような記述を行い、「この件について弊社も反省しつつ今後は更に前をよく見て、前向きに良き道を選び又、新しい気持ちで精いっぱい邁進して参ります」と市井との契約が良くないものであったと捉えることができるような文章を続けた。

 この件について市井は同日にブログで「契約満了のお知らせ」というタイトルの記事を投稿し、契約を円満合意解約したと強調。両者の意識の差がはっきりと出ることとなった。

 この件については、同事務所がおなじく契約を行っていたものの、昨年の8月に契約解除に至ったモーニング娘。の元メンバーである加護亜依のケースと似ているという声がファンなどから多く挙がっている。当時も加護の契約解除について、中野は理由を明言せず、様々な憶測が流れていた。

 くわえて、今年に入ってからスポーツ新聞によって、国民的アイドルグループ元メンバーが2020年に麻薬で逮捕されるという記事が掲載されたことから、今回の契約解除とこの記事が関係あるのではないかという憶測が流れている状況だ。とはいえ、ネット上の掲示板なのでは「この人、もう需要ないでしょ」「心底どーでもいい」と興味がないという意見や、「この事務所こういう解雇多いね」と逆に事務所に問題があるのではないか、と疑念を抱く声も挙がっている。

市井紗耶香「薬物説」まで出たわけ……加護亜依も否定した謎の契約解除のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!