嵐の年長組“お山コンビ”のエピソードに驚愕……まるでアレ?

編集部

嵐の年長組お山コンビのエピソードに驚愕……まるでアレ?の画像1

 

 先日放送された『VS嵐』(フジテレビ系)で、“お山コンビ”がおちゃめなエピソードを告白。しっかり者2人の可愛らしいやり取りに、悶えるファンが続出した。

“お山コンビ”とは、ファンの間で広まっている大野智と櫻井翔を指す造語。“嵐”という漢字を分解すると「山」と「風」に分けられるので、年上組の2人はお山コンビ・山コンビなどと呼ばれている。『VS嵐』ではそんな2人が、『ジャニーズカウントダウン2019-2020』(フジテレビ系)の舞台裏について告白。カウコン本番で大野と櫻井は、ステージに上がる階段を間違えてしまったという。

 この話題を受けて大野は、「先に出たもんね?」と確認。「うん」と頷く櫻井の肩を叩き、「あれ、あなたのせいだからね?」と詰め寄った。すると櫻井は「そうなんだけど、あれどこまで把握してた?」と質問。さっきまでは櫻井のせいにしようとしていた大野だったが、「俺全然把握してない」と正直に打ち明けている。

「昨年末に櫻井は『NHK紅白歌合戦』(NHK)の司会をやっていたため、カウコンの段取りをあまり把握していなかったとのこと。しかし頼りにしていた大野も分かっていなかったので、何も把握していない2人が揃ってしまい階段を間違えたそうです。

 どちらも嵐の年長組なので、普段はメンバーを引っ張っている印象。そんなお山コンビのらしくない凡ミスに、SNSなどでは『しっかりしているイメージだから、ギャップが可愛い!』『2人のやり取りが夫婦喧嘩みたいで癒される』『すごく人間味が感じられる裏話。聞けてよかった』と喜ぶ人が続出しました」(芸能ライター)

 いつもは高いプロ意識で嵐をけん引している大野と櫻井だからこそ、ちょっとしたうっかりエピソードが好評な模様。また今回カウコントークを繰り広げた2人には、「即興の失敗エピソードなのに、漫才みたいで面白い!」との声も寄せられていた。

嵐の年長組“お山コンビ”のエピソードに驚愕……まるでアレ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!