午後のワイドショー番組「ゴゴスマ~GO GO!Smile!~」(CBC制作、TBS系)のメインMCを務めるCBCテレビの石井亮次アナウンサー(42)が3月31日付で同社を退社しフリーアナウンサーに転身することになった。

 石井アナは「各エリアの皆様に『ゴゴスマ』という番組をご覧頂き育てて頂きました。全てのお世話になりました皆様、本当にありがとうございました。局を離れて自分にこの先何が出来るのかを模索したいという考えに至り退社を決意致しました」とコメント。

 4月から元フジテレビの加藤綾子、女優篠原涼子、俳優谷原章介らが所属する芸能プロダクションに入る。

 なぜ、年収1500万円ほどといわれる安定した準キー局でのサラリーマン生活をやめ不安定で保障のないフリーになったのだろうか。

「局内での立場があったようです。CBCの男性アナウンサーのヒエラルキーはスポーツ実況ができる人が一番上。また同社は男性アナウンサーの人数が多いわりに自社制作の番組は少なく出演枠を奪い合うといった状況となっているためアナウンサー室での雰囲気は決してよくありません。

『ゴゴスマ』が全国放送となり顔が売れたということも要因ですがそういった環境面がフリー転身の大きな理由となったようです」(テレビ局スタッフ)

『ゴゴスマ』石井亮次アナ退社の裏……「年収10倍」よりCBCの雰囲気に問題?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!