ビートたけし「高齢再婚の衝撃」お相手は18歳年下の敏腕女性!王貞治につづく70代結婚に感服の画像1

 8日、ビートたけしが、かねてからビジネスパートナーとして活動してきた所属事務所取締役を務める18歳下の女性・A子氏と再婚したことがマスコミ各社が報じている。

 芸能界の超大物の再婚劇、そして73歳という高齢での再婚ということで話題に。年明けから不倫や離婚といったネガティブな出来事が目立った芸能界において、ビートたけしの幸せかつ活力に満ちたニュースは注目を集めている。

 ビートたけしのお相手となるA子氏は、8年前から親しい間柄となり、2015年には二人が中心となりT.Nゴンを設立。ビートたけしは2018年3月をもって当時のオフィス北野を退社し独立。現在まで、仕事上のビジネスパートナーとしてだけでなく、プライベートでも支えるとしてビートたけしを支えてきた。いまなお芸能界のトップに君臨する活躍ぶりからも、A子氏の公私にわたるサポートの大きさがうかがえる。

 この再婚にいたる道のりでの、ターニングポイントとなったのは、前妻の幹子さんとの離婚だ。40年以上連れ添った間柄だったが、2019年5月に離婚が成立。その際の財産分与額が数十億にものぼると噂され、離婚とダブルで世間に衝撃を与えた。あれから1年弱での再婚ということで、早くも春が訪れたかたちだ。

 今回の話題はビートたけしの73歳という「高齢再婚」も大きく関わっている。長きにわたる芸能史でも屈指の高齢結婚。同じお笑い界では、タレント加藤茶が68歳、スポーツ界ではソフトバンクホークス会長・王貞治氏が78歳で再婚している。高齢になってもなお衰えぬスター性。それこそが70代での再婚につながっているのかもしれない。偶然にもビートたけしと王貞治は、日本がほこる世界的な著名人として知られるだけに、才能ある人に年齢は関係ないのかもしれない。

 いままでは熟年離婚が一般社会でも定着してきた。しかし、今回の世界的スターの高齢再婚は、世間の考え方を大きく変えるきっかけになる可能性も。ビートたけしの70代での再スタートはどのような内容になるのか、要注目だ。

ビートたけし「高齢再婚の衝撃」お相手は18歳年下の敏腕女性!王貞治につづく70代結婚に感服のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!