実在しない祭りを作り上げていたやらせ問題の発覚で放送を休止していた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の「祭り企画」が復活する。すでに宮川大輔がロケを済ませ、近日中にオンエアされる予定だ。

 海外ロケ番組では、珍しい生物を捕獲する企画を、現地コーディネーターの手配で用意していたやらせ問題を受け『クレイジージャーニー』(TBS系)が打ち切られている。問題の度合いで言えば『イッテQ!』も打ち切り相当と見られるが、なぜこちらの番組は継続し、同様の企画が復活したのだろうか。

「もっとも大きなものは人気番組である点に尽きるでしょう。視聴率においては裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に負ける回も多いですが、いぜんとして視聴率15%以上をキープする人気番組です。現時点での打ち切りは得策ではないと判断されているのでしょう」(業界関係者)

 さらに『イッテQ!』は、それ単体ばかりではなく、日テレの日曜夜においては重要なポジションと言える。

「日テレの日曜は夕方の『笑点』から『ザ! 鉄腕! DASH!!』『イッテQ』と、継続して視聴する流れが出来ていると言えます。『笑点』と『DASH』に挟まれた『真相報道:バンキシャ!』の視聴率が高いのもそのためでしょう。コンセプトとしては家族で安心して観られる番組です。現状は『イッテQ!』に代わるコンテンツが用意できていないと言えるでしょう。さらに『DASH』では中心的役割を果たしていた元TOKIOの山口達也氏の復帰の場として期待されています。全盛期に比べればアラが目立つとはいえ、日テレ的にはこの視聴ラインを崩されたくないのでしょう」(前出・同)

 将棋ならば「飛車角」、絶対に取られてはいけないコマが『イッテQ!』なのだろう。(文=相川ナロウ)

「祭り企画」再開の『イッテQ!』なぜ打ち切られない?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!