二児のママでもある元モーニング娘。の後藤真希が5日、アパレルのプロデュースを手掛けることを発表した。

 後藤が手掛けるのは、通販サイト「jolie chambre」とコラボしたオリジナルライン「jolie chambre×MAKI GOTO」。サイトには税抜き1万円以下の大人カジュアル服が並んでおり、モデルは全て後藤が務めている。

「カジュアル服ということもあり、1着数万円の服が並ぶ小嶋陽菜のブランドなどと比べるとリーズナブルな印象。悪く言えば、ありふれたデザインのため、一部で『ユニクロでも売ってそう』という意地悪な声も見受けられます」(記者)

 さらに後藤は翌6日にも、SNSで自身の下着写真と共に「NATURICHナイトブラのアンバサダーに就任しました!」と報告。長らく目立った活動がなかった後藤だが、ようやく本格復帰にこぎつけたといえそうだ。

 後藤といえば、昨年3月に元カレとの“アパ不倫”が報じられ、ブログで「夫とは別の男性と関係がありました」と謝罪。同6月に夫と不倫相手の間に和解が成立するや否や、何事もなかったかのようにSNSやブログを再開したため、批判が殺到した。

「不倫騒動の記憶も新しいことから、ネット上では『不倫女を起用する気がしれない』などと批判も。一方で、『なんだかんだいって、やっぱりキレイ』『ルックスは最高だな』という声も多く、ギャラもそこそこなことから広告起用は今後も続きそうです」(同)

 不倫などなかったかのように元サヤに戻り、仕事も順調な後藤。モー娘。歴代メンバー史上No.1とも言われる美貌で、需要はあり続けそうだ。

後藤真希「下着モデル」就任に「気が知れない」「やっぱりキレイ」、アパ不倫批判止まぬも再始動 のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!