デビュー30周年を目前に控えた女優の鈴木杏樹(50)が、妻のいる俳優、喜多村緑郎(51)と不倫関係にあることが6日発売の週刊文春で明らかになった。喜多村の妻は元宝塚歌劇団トップスター・貴城けいで、大激震を呼びそうだ。

 同誌は鈴木と喜多村は1月30日に千葉市美浜区で海岸デートを楽しみハグをしながらキスする写真を掲載。さらにそのまま鈴木の車で約1キロ離れたホテルに入っていく様子を詳報している。

 1月14日の夜にはイタリアンレストランでのディナーを楽しみ東京都中央区のビジネスホテルにチェックイン。翌朝午前9時半すぎに2人で姿をあらわし、手を握ってコンビニに寄る様子が記されている。

 記事によれば鈴木、喜多村、貴城の3者に前述の事実を明かした上で直撃取材を敢行。鈴木、喜多村が冷静に対処する一方で貴城が嗚咽して号泣する生々しい描写が掲載されており、コトの重大さを報じている。

「芸能人といえども、コンプライアンスが叫ばれる昨今の状況にあって、杏樹の犯したただならぬ恋は許されるものではありません。ここのところ大問題となっている東出昌大の例と比べても、遜色ないほど悪質で杏樹へのバッシングがこれから吹き荒れそうです」(芸能関係者)

 週刊文春には2人の禁断愛があまりに詳細に報じられている。どういった影響が出てくるのだろうか。

鈴木杏樹「不倫生々しすぎ」で仕事激減? 「最大の武器」失って……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!