今年オフにポスティングシステムを使用してアメリカメジャーリーグに挑戦するため準備をすすめているのか。プロ野球読売ジャイアンツの菅野智之選手が、キャンプで左足を上げる前に体をひねってから投げる新しいフォームを投球練習で初披露し、話題を呼んでいる。

 ファンからは「かっこいい」「投げ方が変わった」「田中マーくんのフォームに近い」とさまざまな意見が出ているがこの新フォームによってカーブのキレがとてつもなく増したというからおどろきだ。菅野選手は「バランスがよくなった。カウント球に使っていたカーブが十分に勝負できる球になった」と効果を口にした。

 さて、なぜ彼はこの時期に新フォームを取り入れることにしたのだろうか。

「来年の海外挑戦を前提にしたフォーム改革といっても過言ではありませんね。メジャー選手は概して縦の変化に弱いといわれています。ストレート、スライダー、カットボールが得意な菅野はいわゆるスライダーピッチャーで両サイドに投げ分けるのが特徴でした。

横の球の動きは強いですが、縦の球の動きは十分ではありませんでした。フォーム改革で縦に大きく割れるカーブが勝負球に使えるようになります。来年の渡米を意識している菅野が、その準備のために縦の変化をつけようとしているのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 ジャイアンツ退団、大リーグ挑戦を見据えて後継者作りにも精を出している。

巨人菅野智之「新フォーム」大成功でメジャー準備万端? 「後継育成」も余念なしのページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!