“恩を仇で返す”最悪な人間性が明るみになってしまったようだ。

 渋谷系チャラ男キャラで、若者に圧倒的な人気を誇るお笑いコンビ・EXITが1月30日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。兼近大樹がテレビ業界の不平不満を露骨に出したことで、ネット上では非難の声が続出している。

 この日、「今年が大事芸人2020」として、昨年ブレイクした人気芸人たちが集結。そこでMCの雨上がり決死隊・蛍原徹から「不安や悩み」はあるかと問われると、兼近は「今一番YouTubeが楽しくなっちゃって」と本音を暴露した。

 その理由として「収録時間の長さ」を挙げると、「ワケ分かんない人たちの話とか聞いて放送されるのは一瞬」「若手芸人はワイプ芸が大事という意味分かんないルールがある」など、不満爆発。

 この暴走に相方のりんたろー。が「テレビに出れなくなるよ」と制止すると、我に返ったのか兼近は「YouTubeもテレビも両方頑張りたい」と慌てて訂正したのであった。

 この若手芸人とは思えない“天狗発言”にネット上では「調子に乗りすぎだろ」「売れてるからって……」「テレビ局に感謝の想いはないのか」と批判の声が殺到。今後のブレイクにも影響を及ぼしそうな気配だ。

EXIT兼近大樹「調子乗りすぎ」“テレビ批判”で炎上寸前?恩を仇で返す「性悪本性」が明らかに?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!