1月に若手女優・唐田えりかとの不倫が報じられた俳優・東出昌大。

 妻で女優の杏が第三子を妊娠中に不倫していたとの報道や唐田が別れようと決意し連絡をしたところ恫喝したとも報じられたため、好感度が高かった彼の評判は真っ逆さま。いまだ批判が殺到している状況で、役者業にも影響が出始めるのも時間の問題となっているようだ。

 そんな中、彼がある俳優の不倫騒動に“ケチ”を付けていたと言うから驚きだ。

 事の発端は2月6日発売の『女性セブン』(小学館)。同誌では「本誌だけが知る! 杏が『東出と離婚しない』理由」というタイトルで、不倫報道後の杏の詳細が書かれているのだが、その記事の冒頭で、なんと『コンフィデンスマンJP』で共演している俳優・小手伸也を「バカ」呼ばわりしていたことが報じられているのだ。

「小手さんは昨年、東京・下北沢でナンパした女性ファンの告発により不倫騒動がありましたが、その際、東出さんは『コンフィデンスマンJP』の映画撮影現場で『小手さんバカだな!』と大騒ぎしはしゃいでいたと、記事では映画関係者の話として伝えていたんです。

この『バカだな!』が軽蔑なのか、それとも『俺はうまくやってるぜ!』という意味だったのかはわかりませんが、軽率すぎると言いますか……。不倫報道の後に、急に注目を浴び調子に乗っていた東出さんの現場での態度が酷すぎるという報道がされていましたが、今回の件もそのひとつしょうかね」(芸能ライター)

東出昌大「共演不倫俳優を侮辱」していた……「バカだなー」大はしゃぎの醜態のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!