現在芸能活動を休止している俳優の小出恵介が、アメリカのミュージカルの本場・ニューヨークにて俳優業を再開させることが明らかになった。

 それを報じた「サンスポ」によれば、お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣の絵本『えんとつ町のプペル』のアメリカ版ミュージカル作品で主演を務めるという。詳細はぜひ本サイトをご覧になっていただきたい。

 2018年の活動休止から早2年。その間、日本を飛び出しアメリカで生活を送っていた小出だが、今回日本で復帰しなかった理由はやはりあの騒動が尾を引いているのか。

「小出さんは2017年、一部週刊誌から子持ちで当時未成年だった女性との“飲酒淫行疑惑”がスクープされ、その時所属していた事務所から無期限の『芸能活動停止処分』が下されました。騒動発覚後、その女性を連れ回したとして、大阪府青少年育成条例違反の疑いで書類送検されたものの、不起訴処分に。

それから、事務所との契約は期間満了をもって終了となり、就労ビザを取得し渡米して語学や演劇を学んでいたようです。そして、その努力が報われ今回アメリカでの主演ミュージカルが決定したということでしょう」(芸能ライター)

 2年間の沈黙を破り、アメリカで再起を図る小出。そんなファン待望の復帰に、ネット上では「応援したい」「ここまで自粛する必要はあったかな」「本人の脇が甘かったとはいえ、厳しすぎた」と様々な反応が上がっている。

小出恵介「芸能界復帰」報道に同情の声続出…… ピエール瀧「速攻で復活」その待遇差に非難ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!