2月4日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、東京都練馬区の老舗遊園地であるとしまえんが段階的な閉園を検討しており、跡地にハリー・ポッターのテーマパークが整備される可能性が報じられた話題となった。

 としまえんは埼玉県上福岡市出身の太田光と、東京都中野区出身の田中裕二にとっては、幼少期からなじみのある地元の遊園地のようだ。太田はハリー・ポッターを指して「あの眼鏡のチビに俺たちのとしまえんを……」と悔しそうだった。

 さらに2人の出身校である日本大学芸術学部は学科対抗の運動会をとしまえんで行ったようだ。これはかなりガチンコの大会であり太田は「体育会の怖い先輩が来て、全員応援団やらされるんだよ」と話し始めた。太田としては当然、そうしたくだらないイベントに参加したくなく「全員参加っていうけど冗談じゃないよ。芝居やりに来たのに」と愚痴っていたようだ。

 ただ相方の田中はビビってしまい、太田が練習風景を冷やかしで見に行くと、公園で学ランを着てポマードで髪を固めて声出しの練習をしていた。太田は「(自由な)芝居をやりにきた奴が、こういう全体主義的なイベントに参加するのはどうか」と嘆いた。

 ただ太田も当日の運動会には参加し「ゴール前でわざと遅くして、後ろの奴から抜かれてビリになったら、総スカンを食らった」といった思い出をありありと語っていた。対して田中はリレー競技で2人くらいを抜かし、参加者から涙で歓迎されたという。太田は田中に対し「あの記憶があるから。お前がいくら世の中を斜に見るようなことがあっても、結局ああなるんだろ」と信用が無くなったと話し笑いを誘っていた。

 としまえんをキーワードとして、爆笑問題の青春話が久々に聴ける放送回となった。(文=相川ナロウ)

爆笑問題、としまえん閉園検討報道を嘆くのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!