岡田結実「女優は無理」西内まりや、のんの二の舞に? 「バラエティのほうが……」

編集部

 タレントで女優の岡田結実が3月いっぱいで現在所属しているオスカープロモーションを退社するのでは、と報じられた。どうやら女優志向である岡田本人と、バラエティタレントとしての活躍を望む事務所との間に大きな軋轢があるようだ。

 岡田結実といえばお笑いコンビ〝ますだおかだ〟の岡田圭右の娘であり、知名度を広めるきっかけとなったのは父譲りの明るいキャラクター。それゆえ岡田の女優志向に、視聴者からは「売り出してもらったのに勘違いしちゃった」「しっかり実力をつければ、これからだって女優として活躍できる」「バラエティって女優と両立できないものなの? 両立している人もたくさんいるのに」など疑問を唱える声が多数あがっている。

 「オスカーは米倉涼子を筆頭に、上戸彩、武田咲ら多数の人気女優を擁する大手プロダクションです。いくらバラエティ担当にされているからといって、女優に専念したいから辞めるというのは違和感がありますね。
関係者の間では、岡田が退社を希望する背景にはオスカーの社内事情が絡んでいると言われています。同社では18年ごろに社長の娘婿が会社の役員に就任して以来、社内に不協和音が起こっており、社員が40名以上退社しています。岡田の信頼する人物も退社しているとのことなので、そちらの方面に移る段取りになっているのかもしれません」(芸能誌ライター)

 仮に移籍となると、女優としての実績が乏しく人気が定着しているとは言い難い岡田には、険しい道が待ち構えているといえそうだ。

 「岡田のドラマ出演実績を見ると、現在放送中の『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)を含め、どのドラマもテレビ朝日系ばかり。オスカープロとテレビ朝日は高視聴率を連発するドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)に主演する米倉涼子を巡り、親密な関係を持っています。そのせいもあり、岡田のドラマ主演は米倉のバーターだとまで言われています。
また、移籍した場合大幅な露出減は避けられないでしょう。これまで移籍を経験した若い女性タレントといえば、西内まりや、のん、ローラなど苦境に陥るケースが一般的。岡田圭右の娘ということもありますし、退社するにしても円満な退社が予想されるとはいえその点は気がかりですね」(同)

 本人の希望はさておき、現在は「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)や「オスカル! はなきんリサーチ」(テレビ朝日系)のMCを務める人気タレントである岡田結実。視聴者としてはこちらの道に進むのもよいのでは、と思うところだが。

岡田結実「女優は無理」西内まりや、のんの二の舞に? 「バラエティのほうが……」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!